妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

休日出勤したのに給与が減っていた件

今日は楽しい給料日!でした。
でも本当のところ…そういえば今日だったくらいの意識でした。
仕事が忙しすぎて、お金の管理を気にする間もなく月末になっていたという感じ。
f:id:tsumatan:20170205234520j:plain
ちょうど財布の中のお金も無くなったので引き出しと記帳も兼ねて銀行ATMへ。
ゆうちょが給与口座で、三井住友が経費精算用口座です。
三井住友はATMが札幌にあまりなくて引き出す頻度が少ないため
経費精算のたびに少しずつ貯金されています。。。
念の為、給与の振込額が間違っていないかチェックします。

実は先月、自分の給与明細を見ていたところ…
いつもより支給額が2万ほど少なくなっていることに気がつきました。

「え?なんで??」と。

金額の詳細のところをよくよく読んでみます。
すると、「欠勤-○○円」と書かれていたのです。
ん?欠勤なんてするわけないじゃない。
ただでさえ有給を持て余しているのに、無休で休むとかありえない。

皆目見当がつかなくて、人事に問い合わせてみました。

人事部から帰って来た回答によれば
先月の給与の計算の元になっている先々月、
つまり5月の勤務に欠勤が発生しているとのこと。

はあ~?欠勤どころか、休日出勤してたんだぞ。
余計に働いているのに、給与が減ってるっておかしくない?

…どうも、その休日出勤が原因だったらしい。
WEBの勤怠登録システムから実際に働いた時間だけ登録したんですが
システム上、登録できる時間単位が決まっていて
休日出勤時間がそれに満たなかったというので不足分が欠勤になるとのこと。
それでコンピューターの計算式により給与が減らされたらしい。

…ってそんな説明、入社して全く聞いてないんですけど(汗)
ということは今まで間違った勤怠登録により減給が発生していたのかも。。。
今更遡って取り戻すのは出来ないでしょうけど…。

私の会社ってこういう社内規則はひとつひとつ細かくチェックして
自分で理解しておかないと、こういうミスがあった時に
誰も指摘してくれないんですよね…。
指摘されるのは給与の過払いがあった時だけです。冷たいもんだ。

過干渉な職場の人間関係もうっとおしく感じるけど、
お互いのことは無関心というか、誰も何も教えてくれないのは
システム化して便利になっていく世の中の弊害でもあるのかなと。
今回の件でふと思ったりもしました。


今回はすぐに発覚したので、その場で人事に修正依頼を出して
先月減給された分まで今月補填してもらいました。あぶないあぶない。
2万円あったら東京まで行けちゃいますからねー。
今後は気を付けようっと。