妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

プチ結婚ラッシュ

自分の結婚も含めて、最近は身の回りもポツポツ結婚の話が出ています。

実におめでたいことではありますが
もう同級生の結婚ラッシュはとうに過ぎているのに
なんだかちょっとしたピークに差し掛かっている気がする。
ただし、同級生ってわけでは無いんですけどね。
ただの偶然なんでしょうけど。



つい先日、職場の派遣の事務員さんがご結婚されることに。


私が職場の同僚達からお祝いの品選びを仰せつかりました。

「女性目線で喜ばれるものを探してね♪」

はーい、お安い御用で。



札幌の職場は、今度結婚される派遣社員さんと私意外全員男でして
私もちょっと前に職場の方からお祝い品をいただいたのですが
選んでくれたのが同僚の男性社員。

素敵な品物をもらったのは嬉しいけど…ちょっと趣味が違うんだよな。
やはり選び手と貰い手の嗜好の差なのかもしれない。
それに、かさばるモノは嫌だな…と。

最近結婚したばかりの立場としても、歳の近い派遣社員さんと
感覚は近いはずなので…私が責任もって準備させていただきます。


「お祝い金とお花と何か品物をひとつ」というのがウチの職場のスタイルなようで、
それに則っていくと、予算上選べるものが限られてしまう。
かといって職場の伝統?を無視すると同僚達に小言をいわれそうなので
前例にならっていきたいと思います。


品物は…やはり無難に今治タオルかな。
予算さえ許せば便利なキッチンツールにしたかったけど。

お花は、プリザーブドフラワーと悩んで花瓶の要らない生花のアレンジメントに。
リザーブドはずっと飾ってられるけど捨て時に迷っちゃいますからね。
早速お花屋さんに行って予約しておきました。


お祝いでもらうなら極論現金だけでも良いんですけどね。
もし自分がその立場だったらそう思います。
まあ、時間を使って何か選ぶことも一つの思いやりだと思いますので
所有することがストレスにならないものを。

ギフト選びの基本は、「わざわざ自分用には買わないけど貰ったら嬉しいもの」です。


楽天さんにオーダー入れたら、個別にメッセージカードも作ってくれるそうな。


予算内で良い贈り物が見つかってよかったよかった。





【関連記事】

tsumatan.hatenablog.com