読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

今日は楽しい給料日

お金のこと

給料日が待ち遠しいほどカツカツの生活はしていないので
「ああそういえば今日は給料日だった」くらいの感覚なんですが
今月はちょっと楽しみに待ってました。



単身赴任になっての初月です。
色々と支給されるものと引かれるものの額が変わるので
これまでとどのくらい違うものなんだろうかと。


給料がどのくらい増えるのか

基本的には、単身赴任になると給与面が手厚くなります。
時々家族に会いに行く為の交通費と、二重生活になる分の補填という意味で
単身赴任手当がガツンと。
これは交渉しまくって苦労して取ったからね~!

そしてウチでは、単身赴任の人の家賃はほとんど会社が面倒を見てくれるので
実質自己負担は光熱費のみになります。
この分が軽くなるのは助かる。


それをもとに、自分であらかじめ試算しておいた金額を夫にも見せて
大体このくらいもらえるかな~と話はしていました。



給与明細書と対面

実際に今日給与明細を見てみて、ほぼ試算の通りだったけど
改めて額面にびっくりしてしまった。

今月の手取りは先月以前の約2.3倍…!!
すげーーー!


f:id:tsumatan:20161028014735j:plain



但し今月は引っ越しがあったのでそれに対する手当ということで
一時的に多いだけ。。。
来月以降は1.6倍くらいの支給額になりそうです。

やはり所得税はすんごい引かれてましたね…。


単身赴任中は貯め時?

夫いわく、「それならさ、毎月○○万は貯金できるんじゃない?」とのこと。
詳しい金額は伏せますが、○○万は私のこれまでの手取り給与くらい(汗)

確かに、頑張って倹約に励めば出来ない額ではない。
単身赴任とは行っても、共働きの子無し。遠距離夫婦と言った方がしっくり。
ウチの会社でもほとんどが家族を養わないといけないお父さんたちばかり。
その人達に比べたら単身赴任の負担は軽いと思う。

だけど、さすがに○○万は無理かな。時々は夫に会いに帰らないといけないし。
たくさんもらえて遊びに使うんでなくて
この単身赴任を貯蓄の良い機会と捉えて、しっかり貯金にも回さねば。

何も考えずにただ貯金してただけだったので
資産運用のことも考えてみよう。
当面の課題は口座の使い分けと投資信託の開始。




ただ…こんなにお金もらうより
やっぱり夫婦で一緒に新婚生活したかったなあ。