妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

ファミリー賃貸探しが辛すぎる件

皆様、このちっぽけなブログをご覧いただき、ありがとうございます。

小遣い稼ぎとかアフィ目的でなくて気晴らしでやっているだけの日記ですので
普段は低調なアクセス数で推移していますが、
ここ最近は検索エンジンからヒットして辿りつく方が多い様です。


私のブログのアクセス数が増えるということは、
異動シーズンになったということですね~。
転勤や引っ越し関連の記事がよく見られているようです。



かくいう私も、意図せずしてこの異動ピークに巻き込まれて引っ越しすることに。



今、「引っ越し難民」というフレーズがニュースでもあがりますが
引っ越し業者以前に物件確保するのが超大変…でした。


本来の私の会社の定期人事異動の時期は3月ではないので
ここまで状況が目まぐるしく変わるとは想像が及びませんでしたよ…。
単身用の1Kくらいのマンションならまだしも、
ファミリー向け物件は選択肢が非常に少ない上に競争率が激しいんですね。

ちょっと前に家族で札幌に異動してきた同僚も、
物件確定するまでちょっと苦労したと言ってました。
札幌ですらこういう状況ですから、そりゃあ首都圏の住宅事情はもっと過酷ですね。


そもそも、通勤が楽な都心寄りのエリアにファミリー向け賃貸物件は稀。
探しても探しても2LDKクラスは分譲だらけで
賃貸となると単身用の小さな間取りのものばかりです。
それは何故かというと、投資目的の賃貸は大きな世帯用より単身用物件を
たくさん作った方がコストパフォーマンスが高いからなんですね。

…そういう事情を今回不動産の担当さんから聞いてなるほどと思いました。

不動産仲介会社についてから開口一番に言われたのが
ファミリー賃貸の状況の厳しさでした。
それ最初聞いた時は言い訳がましくてムッとしてしまいましたが
本当にそれだけ深刻だということみたいです。。。

確かに、「希望に見合う物件を探して1年後くらいにようやく入れた」
…みたいなネットの投稿を見たことはありました。
どんだけ高望み?で物件探ししてたんだと思ったら
意外とよくある話みたいですね。。。
とりあえず入れるところに入って、希望物件が空くまで待つとか。

今回は物件下見にあたり、ホームズとかスーモの賃貸検索でいくつかピックアップして
不動産会社に事前に伝えてあったのですが
ほとんどがもう連絡時点で申し込みされてしまってました。

マジで内覧どころか、悠長に不動産会社で話聞いてから申し込みでは手遅れ。
新着で空き情報でたら即申し込みしないと先越される、って程です。。。
今回も希望に見合う入居中の物件の空きが出た直後に
マンションの外観だけ見に行っている間に別の申し込みが入ったり。
あれはかなり堪えたな…(笑)


今回の家探しは色々と気づきがありました。
過酷すぎてトラウマになるレベルです。
色々と反省点もあるし、次回はもっとうまくやれそうな気がする。
まあもう同じ家探しの苦労は当分したくないですがね。


どうにか物件を確保することができたものの、
自分の希望条件すべてを満たすものは見つからず個人的にはそこそこ妥協しました。

f:id:tsumatan:20180321114541p:plain
こういう感じの間取りなんですが、築年数はそこそこ経過していて
古さは気にならな…くはない。
私は新しければ1LDKでもう少し狭くてもいいかなとも思ったのですが
夫の希望をかなり汲んで、2LDKで50平米くらいは欲しいというので
結果、やや古めの物件となりました。

宅配ボックスが無いのと自前で揃える家具・家電が増えるのがネックですが
立地や住環境は悪くなさそう。
これでも内覧までして希望予算内で収まったのは奇跡でした。。。
まさに新着情報出た直後でしたからね。


とりあえず住む場所は確保できたのでだいぶん精神的には落ち着きました。
さて、これから荷造りなどの準備をコツコツ進めていきたいと思います。



【関連記事】