元単身赴任妻の日記

「妻は単身赴任中」から出産を機に別居解消しました。

家計簿【2019年4月】

GWが長引くとお金を使いすぎてしまうなと思いましたが
夫が連休中ほとんどいなくて行楽地には行っていないので
想像よりはお金つかいませんでした。多分。

さほど浪費していないとは言いつつ、また無印良品で色々買ってしまいました。

f:id:tsumatan:20190507231422j:plain
ハンガーと自分のシャツ。
連休中、良品週間にかかっていたということもあり、
子供用品や収納グッズなど他にも色々買ってしまいました。
夫不在の連休で暇だったのもあり、毎日時間つぶしに(笑)

良品週間終わってからはパッタリ行かなくなっちゃいましたが。
セールって、何か買わなきゃならないようなプレッシャーを感じてしまってダメだな。


それではどうぞ。

f:id:tsumatan:20190520225623p:plain



保育料は含まず。
ちょっとだけ、先月よりも支出が減りました。
食費が1万円以上の減だから大きいですね。
何か記載し忘れているような気もしますが。。。

また衣類だけで3万近くの支出でした。
子供の保育園用の服をポチポチ、夫の出張用にジャケットなどを購入。
ほとんどユニクロ無印良品で買ったんですが、
そこそこのボリュームになってて驚きでした。
このあたり少しずつ落ち着いていくかと思います。

日用品も1.7万ほどでした。
おむつ類の消耗品はしかたないにしても、また子供用の収納具を買ったりしたので
意外と高くついてしまった。

先月の振り返りはこんなところで。

5月分の支出はもう少し減ってるかな?という感覚です。今のところは。
残業もほとんど出来てないので、収入も限られます。
ちょこちょこ支出を減らすように意識せねばなと思います。


【関連記事】

tsumatan.hatenablog.com

 



平日朝の慌ただしさ

仕事復帰してから、毎日朝が戦闘モードです。
もう本当にバタバタ。

早起きして、朝の陽ざしを浴びながらストレッチして
優雅にゆっくり朝食なんて…暇はありません。
自分の朝食にいたっては、パンとバナナを作業しながら押し込んでます。
みんなこんなもん?

そもそも早起きが苦手なので、ゆっくり朝食摂るよりも
1分でも長く寝ていたい性分ではあるのですが…(汗)

朝はまず早起きの子供が騒ぎ始めて起こされます。
子供の食事と授乳、着替えをしたら自分の身支度、保育園の持ち物をチェックして
大慌てで登園、そして駅にダッシュして満員電車で通勤。
会社に着いてようやくホッとひと段落…といった感じです。

f:id:tsumatan:20190509234744j:plain
通園バッグはこちらにひとまとめ。
保育園の持ち物など、極力前日の夜には用意してるんですけどね~。
それでも朝しかできないタスクが多くて。

あと少し早起きできれば万事解決かなとは思うのですが…(汗)

これらの準備を全てひとりでやっているワンオペママさんは本当に大変だと思います。
我が家の場合は夫と起床・就寝時間を少しずらして、
シフト制にして朝の子供の世話を乗り切っています。
分かりやすくいえば、夫が早朝シフト、私が深夜シフト。

ですので、平日の朝は夫とほとんど喋る暇もなく…(汗)
子供が寝たあとのつかの間のフリータイムのみです。
もう少し子供の朝の世話が楽になるまでの辛抱かな?
いつ楽になるのか分かりませんが…。

朝、英語の勉強など自己啓発の時間をひねり出したいところです!


【関連記事】

手放せないパンプス

普段履いている靴のはなし。

妊娠を機に、ということではありませんが元々ヒールのある靴が苦手です。
どんなに低くてもコケてしまうドジっぷりなのでヒールの低いのでないとダメ。

今まで色々なパンプスに手を出してきましたが行きついたのがこれ。
マルイのラクチンきれいシリーズのパンプスが私の定番です。

f:id:tsumatan:20190514233947j:plain
これは多くの人が愛用していて、売れてる商品なんですが
転勤と同時に上京して、マルイの店舗で買ったのが始まりでした。
以来、もう4年くらいずっと履き続けています。今ので2代目です。
今後マルイのない地方へ引っ越したとしても、ネットで買えるから助かる。

取り外しできる飾りが付いてるのはいいですね。
以前は他にもベルトっぽいデザインのがあったのに今はなさそう。残念。

とはいえ、形状と履きやすさは私の理想に近いです。
ヒールと素材のラインナップだけでも選択肢に残してもらって良かったです。。。
この組み合わせのものが廃盤になってしまったら困ります。

今履いているパンプスも毎日子供抱えて歩き回っており、靴底が擦り減ってきたので
もう1足買おうかと思いながらマルイの売り場を覗いていたらこんなのが。

インソールの個別提案をやってるんですね。
オーダーメイドまではいかないけど、機械で足の計測をして
店員さんが合うインソールを選んでくれるようです。

今履いてるのが自己チョイスで選んだ既製品のパンプスだけど
数百円プラスでこういうサービスが付いてくるのはいいなと思います。
あと、靴のデザインが好みではある…。
全く同じのを2足買うよりは少し違うものを選んでみようかなあ。

【関連記事】


片付けと散らかしの攻防

先日の無印良品週間でも衣類など色々購入しましたが
また収納用品をひとつ買いました。

ポリエチレンのボックス。


強度はそこそこありながら柔らかさがあり丸みのある形なので
子供がぶつかっても痛くない素材なのがいいですね。

用途はもちろん子供向け。

f:id:tsumatan:20190514000041j:plain
リビングにあるおもちゃの収納BOXとして使用します。
夫が次々と買ってくるので増えてしまって。
毎日遊んでいるものなのでざっくり片付けしてます。

f:id:tsumatan:20190514233624j:plain
ごちゃごちゃ床に放ってあったのがスッキリおさまりました。

インテリアに邪魔にならないデザインで、
子供用の役目が終わったら別の用途にも使えそうです。
床に敷いているジョイントマットも白くて統一感あるのが気に入っています。


ただし、片付けてもすぐにこうなります。

f:id:tsumatan:20190514000237j:plain
ボックスを倒して中身をポイポイ。
何度片づけても別のところをすぐにやられてしまいます…。

どうも今は袋や箱からものを引っ張り出すのがマイブームのようで。
かまり立ちもするようになって、本棚もよくぐちゃぐちゃにされます(-_-;)
まだ叱っても分からないだろうし…成長の通過点として見守るしかないのかな。
慌ただしい朝に散らかされるとため息がでてしまいますが…。
とりあえず触ってほしくないものは手の届かないところに退避。

いつまで続くかわからないけど、子供との攻防は続きます。。。
そして片づけ?なのか、時々中に入れることもします。

f:id:tsumatan:20190514000827j:plain
何故か哺乳瓶まで(笑)

これ並べたの私たちでなく0歳児です。偶然にもきれいに収納されてました。
自分で意識して片づけできるようになるのはいつになるかな~。

精神的な東京の居心地の良さについて

たびたび議論のネタになる、「住むなら都会か地方か」について。

私自身は田舎出身で田舎の良い面悪い面を知った上で
どちらかというと都会に住みたい派。

だけど都会の中でも首都圏と地方都市はまた違う。
地方都市以上の発展具合ならインフラ整備も申し分なく
生活するには不自由はないと思うけど
東京と地方都市は違うなあ…と感じる目に見えないところ。

それは多様性を受け入れる懐の深さ。Divercityですな。

f:id:tsumatan:20190511001356j:plain
ダイバーシティと言えば、ちょっと懐かしい?お台場のアレ。余談です。


分かりやすいたとえ話。

私の様な(?)イイ歳の女性が居酒屋で一人でお酒を飲むとするとします。
東京では時々見かける風景。隣の席にいたって別になんてことない。
かっこいいなと思うことはあるけど、自分でやるのはちょっと勇気がね。
それを地方でやろうとするとものすごく視線が痛いんですよね。。。

こういう感じで、地方都市でも他人に対する多様性はそこまで広くない。
ちょっと尖った振る舞いをしていると、イロモノ扱いされてしまうというか。

今の私のライフスタイルは、地方でいうところの普通ではない。
女性がバリバリ営業してるってのが大変物好きに見えるらしい。
大都会だとそういう人たくさんいるんですけどね~。
ましてや単身赴任なんて地方で伝えたら絶句されるレベルです。

だからか、東京って私もホッとするというか、周りも放ってほいてくれるから気楽。
裏を返せば、他人に深入りしない・関係性が希薄ということなのかもですが。

以前地方に住んでいた時、東京から脱サラして移住してきた人と話したんですが
首都圏のそういう殺伐としたところに疲れてしまったって言ってた。
確かに、地方都市や田舎は人が優しくて暖かいけど
東京の冷たさも心地よく感じるんですよねえ。

田舎出身者のいち意見として記しておきます。

【関連記事】


職場復帰と断乳について

復職時期が近づいてくるのと同時に、母乳のヤメ時も考え始めました。

0歳児を育てているママさん達は、もう既に母乳をやめた方もいるでしょうし
復職のタイミングで断乳をする方もいるかと思います。
ともかく、これから仕事している間は授乳できないですから、
母乳が溜まって乳腺炎にならないように気を付けねばならないのです。

こういうデータがネットニュースにもありました。

なるほど、参考になりますね。
断乳する人しない人、おおよそ半々ってところでしょうか。


ありがたいことに、これまで母乳の割合多めの混合育児でずっとやってこれまして
間が空きすぎてしまうと母乳がガチガチに溜まって胸が痛いってのがよくあります。

3月の頭くらいまで、授乳回数が1日5回ほどだったのですが
仕事再開して、保育園に通うようになったら授乳の機会も朝晩だけになるなと。
いきなり頻度を減らすと私が辛いよな…。
2月に1度出社した時に日中授乳できず、痛くて大変な思いをしました(>_<)

幸い子供の方は母乳でなくミルクでも全然問題がなかったので
徐々にフェードアウトして授乳回数を減らすことにしました。
復帰の1か月前から意識して5回→4回→3回といった具合に。
保育園にもフルで通っている今では1日2回で落ち着いてきました。

上手くいかなければ助産院の母乳外来のようなところで相談しようかとも思ったけど
何のトラブルもなく過ごせております。

今ではもうピーク時の母乳量が出る感覚はなくなってしまい
一抹の寂しさは感じていますが長いこと母乳育児できていたことに感謝しよう。
肝心の子供は嫌がりもせず、執着もなくといった感じで。
完全にやめようと思えばやめられる気もします。

が、もうしばらくは今のペースでやっていこうと思います。
子供が嫌がらない限り!

f:id:tsumatan:20190509232831j:plain
いまだに下手っぴなストローマグ。
母乳はまだやめずとも、ストローとコップは練習しないとね…。



体形維持の重要性について

新年に新年度、新元号と…何か大掛かりなことをするのに
暦上の節目はちょうといいタイミングだと思います。

というわけで、連休中に久しぶりに自分の服を整理しました。
服の断捨離は札幌に居る間に結構頑張っていたけど
子供が産まれて以降は中々まとまった時間が取れずに滞っておりました(^_^;)

これまで取捨選択してきた中で、捨てられずに保留にしていたものをバサッと。
だいたいどれもお気に入りでよく着ていたものです。

f:id:tsumatan:20190429234034j:plain
産後の体重減少により、ブカブカになってしまったボトムスと
年齢的に合わなくなってきたプチプラなヤング服と
汚れてたり生地が傷んでいるものを処分。
手放すのは寂しいけど、もう着ないからね。

今までありがとう~!

特に、ブカブカのパンツ類…。
仕方ないので小さいサイズのものを新しく買ったのですが
授乳も減って来たし、また体重も体形も戻るんじゃないかと思うと
捨てずに取っておくべきか…と葛藤しました。

今痩せてるのだって、母乳育児というボーナスタイムみたいなもんだし。
努力してダイエットしたわけでもなし。

だけど、ここは心を鬼にして手放します。
ここは退路を断って、今の体形を維持するぞという決意と共に。

一生モノの服なんて、よほど品質が良くてある程度のお値段でないとないだろうから
消耗品と捉えて数年着たら買い換えるのが服。
だから服は定期的にお金のかかるものではるけど
サイズが変わるとこれまた買い替えが必要になってコスト増にはなりますね…。
体形維持は金銭面でも重要だなと。

あと経験上言えるのは、服は太っている方が傷みやすいってこと。
摩擦で生地がすれちゃうんですよね。。。

しばらくは、太らないように十分気を配りつつ
ケアに手間のかからない服を選んで着ていく予定です。


【関連記事】


育休明けの自炊について

1日働いてから子供の世話してると、平日は本当にあっという間に終わってします。
子供寝かせて残りの家事片付けて
やれやれと一息つくのがもう寝る時間だったりしますしね。

今のところ、育休時の体制そのままで何とかやっています。
本当に何とか…って感じです。
夫も私も比較的早く帰宅できているから成立してますが
どちらかが残業出張だと家事滞るな…もっと効率化を図らないと。

ということで、家での食事について書きたいと思います。

仕事を終えて帰宅後に何か作って食べるというのは、同居以降当たり前です。

子供の食事は、作り置きストックを消化しつつ
ごはんやみそ汁などを取り分けて食べさせています。
色々なものを食べる様になって夫もやり甲斐を感じている様で
大人の食事ついでに子供のごはんも準備してくれています。

以前は離乳食担当は作り置きから食べさせるまで全部私がやってたんですが
夫が手伝ってくれるようになり、このあたりはだいぶん楽になった。

私が子供に食べさせている間にお風呂を溜めつつ
夫が我々の食事の下ごしらえをやってくれ
入浴後に仕上げて大人の夕食…という感じです。

お察しかもしれませんが、我が家のメインの食事当番は夫です。
私も料理は嫌ではないのですが、夫の方が手際が良いのと本人のご希望で…(笑)
夫が料理している間に私は洗濯物などをやっております。

この夜のタイムスケジュール、また別に書きだしてみようかな。

毎日献立を考えるのは面倒なので、料理は数パターンをローテーションしつつ
その日の気分で食べたいものを作るようにしています。
味付けのお肉や干物など、いつもパルシステムの食材に助けられています。

f:id:tsumatan:20190512234103j:plain
大好きなアジの開きは夕食のメインに、欠かさずストックしておきたいお気に入り。
マンネリ気味で夫は最近不満があるようですが。

最近初めて食べた食材で印象的なもの。若芽ひじき。
浜辺に自生する植物だそうです。
味はあまり強くないけど、シャキシャキした歯ごたえが良い感じ。
夫はそこまでお気に召さなかったようですが。
f:id:tsumatan:20190511165014j:plain
茹でて油揚げと胡麻和えにすると美味しかった。


今のところは残業や出張もさほどなく、落ち着いて生活できているからなんですが。
そろそろ私の会社も繁忙期。どこまで続くかな。。。

【関連記事】


増える子供服

GWに帰省したら、甥っ子達から譲り受けたお下がりの服をたくさんいただきました。
お土産一杯詰めていたスーツケースが軽くなると思いきや
東京への帰りの方が大荷物になってしまいました(-_-;)

ウチの子は同月齢の中では比較的体が大きな方でして
2つ上の甥っ子の服のサイズにも迫る勢いで
このところはあまりお下がりがなかったのですが
つい最近サイズアウトしてしまったという服がドッサリ。
ウチの子にはジャストサイズなものばかりで、今着ないと機会を失ってしまいそう。

お下がりが来る前に自分で新しい服買い込んじゃったよ…まいったな。
あとは甥っ子がまだ着れるけど要らないという服もたくさん回ってきました。
いただけるのはありがたいが、不用品の処分のあてになってる気がしなくもない。。。

とりあえずスーツケースに入る分だけ持ち帰り、
要らないものは丁重にお返ししてきました。

f:id:tsumatan:20190510101133j:plain
どっさり。また忘れた頃に追加で送られてくるかも。

そんなことで、一気に子供の服が増えてしまいました。
今のところ我が家で一番服持っているのは私だけど、子供に追い抜かれそう。
保育園で着替えがたくさん必要だとはいえ正直全部着まわせないです(汗)
収納スペースにも限りがあるし、適度に処分しますかね。

ただ、服の処分って気持ちが重たく感じてしまう。特に子供服は。
だからこそのおさがりという手放し方法なんでしょうね。
「自分で捨てるのは気が引けるから」ってね。

我が家ももう着ないのは分かっているのに、新生児期の産着も残しております。
愛着もあるし、2人目とか思うと捨てづらい(>_<)

もう絶対着なさそうなお下がりは思い切って処分するかなー。


久しぶりにDIYしてみた

我が家は分譲マンションの賃貸でして、築年数もそれなりで
リビングや寝室はきれいにリフォームされているものの
水回りなど、ところどころ建設当初の設備が残っています。
造りのデザインが…時代を感じさせるというか。

その中で、玄関横の靴箱がリフォームされずに付いているんですが
何故か棚板が不足してるんですよね。前の住人が処分してしまったのか。
折角靴箱の中は十分な空間があるのに、棚がなくて靴を仕舞いきれず。
私の靴もいくつか捨てたけど、それでも収納が足りません。

f:id:tsumatan:20190508232403j:plain
まあ仕舞い方が下手というのもあるか。
さらにこれから子供の靴も増えるとなると、溢れた靴が三和土に置きっぱなしに。
それはカッコ悪いし視覚的に落ち着かないので
靴箱の収納力をアップすべく棚板を作ることにしました。

こういうのはサイズを測ってピッタリのものを作るのが早い。
自宅に大工道具がないので、決行するのはGWの帰省中、夫の実家だな。

f:id:tsumatan:20190508232811j:plain帰省前にあらかじめサイズを計測しておき、穴あけ位置など手帳に記録。

板は夫地元のホームセンターで購入してカッティングまでしてもらいました。
業務用の大きなカッターで切断してもらってキレイな仕上がりに。すごい。
こういうのはプロに頼むもんですね。

あとはビスをはめるためのくぼみを削るだけです。
といっても、結局作業のほとんどは義父さんがやってくれましたが(^_^;)
電動ドリルや彫刻刀まで持ち出して(笑)
義父さんは工作が得意なのでノリノリでやっていただきました。

東京に持ち帰って、早速設置してみたところ…

f:id:tsumatan:20190509230701j:plain
暫定的に置いただけなのでごちゃついてますが…
ピッタリはまりました。板のサイズも、ビス穴の位置もばっちり。
義父さんにも報告したところ、喜んでいらっしゃいました。よかったよかった。
これで子供の靴が収納できる~!

もう簡単に作って棚板を増やせればいいやと思っていたのですが
いざ設置してみると…板をペイントしたい!という気持ちがフツフツと(笑)

これについてはまた後日。