妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

物量増加に歯止めをかけたい

東京に戻ってきて、実家で増えた子供用品を持ち込んだら
あっという間に家の中の収納が埋まってしまいました(汗)

出産前は子供用品の事前準備は最低限にしようと思いながら
結構な物量になってしまったのですが
それでも「あれも足りない、これも必要だ」とちょこちょこベビー用品店に通っては
どんどんモノが増えていく始末。
それに加え、親戚の方々からお下がりのおもちゃや服も。

まあ、こうなるよな…だけどある程度は気持ち引き締めておかないとな…。
これ以上はできるだけ増やすまい!

だったのですが、初めての子供。慣れない育児に手探り状態というのもあって
良いと聞いたものはすぐに取り入れたがるのが夫。
元々モノを持たない人なのに、赤ちゃんの為となると財布も緩みまくり。

実家滞在中の虫対策にベビー用の蚊帳を買ってましたが
寝かしつけ時の手間が増えて私のストレスになってしまったので
途中で撤去してしまいました…悪いね(笑)
もっと成長して寝付きがよくなったら役に立つでしょう。

そして兄弟夫婦から勧められて、次に手を出したのがこちら。


ベビーモニターなる、子供監視カメラ(笑)

寝室に子供を寝かしつけた後に、リビングで我々だけ過ごす時に
子供の様子をチェックすることができます。
モニタは無線でバッテリータイプなので持ち運びも自由。

実際に子供が寝ている画像。

f:id:tsumatan:20180711222244j:plain

暗くても暗視カメラ的に子供の姿をとらえることができます。
時々もぞもぞと動く様子は、まるで夜行性の珍獣探しのよう(笑)
いつぞやのニホンカワウソのニュースを思い出しました。

「あー、また買っちゃったか」と思ったけど
これはなかなか面白い。
まあ、ちいさな賃貸なのでリビングからでも泣き声は聞こえるんですがね。


そして今検討中なのが、ハイローチェア。
子供をのせてユラユラスイングする簡易ベッド的なゆりかご。
ものによっては食事の時の椅子にもなるよ、とのこと。

これは…お値段もそこそこお高いし、買って子供が気に入らないリスクもあるし
なによりでかくて場所とるし、不要になった時の処分が面倒。
絶対売る手間を惜しむのが億劫になると思います。私の性格的に。
そりゃ、おススメしてきた兄弟さんは戸建てでスペースに余裕もあるでしょうけど
ウチは都内の小さな賃貸ですからね。

もう少し様子見して、必要になってもまずはレンタルでお試ししようかと。
物入りになるのはこれからもずーっとですからね!

【関連記事】


家計管理見直しします

梅雨明けが今年は早かったとのことですが
東京は連日のように暑い日が続きますね。
今思えば、こんなうだるような気温、札幌では1、2日しかなかったような。
快適な北海道だったけど、私は暑い夏の方が好きなので
汗かきつつ、「夏だー!!」と、生きてる喜びを感じています。

f:id:tsumatan:20180704151539j:plain
いつも使っている日焼け止めのアネッサ。
今年は中国の方が多く買いに走っているとかで品薄です。
数店舗回ってようやく見つけた。


毎月毎月、月初に支出状況をブログにアップしておりましたが
しばらく細かな家計簿の把握はお休みしようと思います。
家計簿記入を止めるというよりは、家計管理の仕組の再構築です!

これまでの収支状況は、単身赴任世帯における記録ということで
このブログの趣旨に添うものでありましたが
今現在、単身赴任は一旦解消されて、家族同居の生活の中で
支出項目や金額も大きく変わりました。

私は私でお金を使うし、夫も自分の中で家計管理は完結しています。
自分のお金の把握なら細かいところまでできますが
二人分見るには今までのやり方では無理。

私はお金を使うたびに家計簿アプリに記載してたけど
一方の夫はレシート即捨てな人で、銀行口座からおろした残高で
支出を把握するスタイルをとっています。
これだと私もどこにどれだけ使ってるのかよく分かりません。

さらに今のところ、共通財布というのもなく
大きな項目ごとにざっくりどちらが支払う、と決めているだけ。
例えば、家賃(社宅代)は私で、光熱費は夫とか。

産前休暇中に色々やろうと思ったけど、
結局共通家計簿アプリを調べたところで止まってしまった…(汗)
そして今、育児に追われすぎてて
ゆっくり家計簿も眺められていないという…。

いつ再開になるか分かりませんが、しばらくは別のかたちで
支出の一部公開はしていこうと思います~。

【関連記事】


夫の育休

ほーんの期間限定ですが、夫が育児休暇を取ってくれました。
約1週間、協力して育児をやっていきます。

といっても、二人して子供につきっきりという訳でもなく
手分けしながらタスクをこなしていく感じです。
まだ授乳・睡眠サイクルが短いので夫と交代で面倒見れるのは気が楽ではあるけど。

特に、平日に夫がいてくれるのがありがたい。
しばらく子供の世話をしてもらっている間に、公的な用事を済ませに行ける!
どうしても平日でないと役場なんかは行けませんからね…。


以前もちょっと書きましたが、今回の夫の育休は本格的な長期休業でなくて
産後の慌ただしい日々をサポートするための短い期間のお休みです。
出生届出したり、健診なんかもあるし、産後はなにかと慌ただしいので。
これは夫側の職場オリジナルの規定だそうです。

もちろん、妻側と同じ長期の休みも取れますが、
これは来年4月に保育園が決まらなかった時に備えて取っておきます。
保育園0歳クラスより1歳の方が激戦だけど…もしもダメだったら
私が来春復帰して、夫がその次の年度育休取ってもらう目論見。
そうは簡単にいかないかもしれないけどねー。

とりあえず、夫が平日居るうちに、しばらく手付かずだった保活をやります。
また役所へ情報収集に行くかなー。

f:id:tsumatan:20180717220930j:plain
お昼寝の寝かしつけしたまま、夫も寝落ちしてしまっている図。
最近あまり昼寝してくれないので貴重なショットです。


育児も大変だけど貴重な育休を無駄にしない様、効率よく過ごします!

【関連記事】


来客、続々

里帰りから東京に戻ってきて、ぼちぼちお客様が来てくれています。
目的はもちろん、子供を訪ねて。

2週間のうちに、私の友人が2人、夫の友人が子供連れで。
自宅に家族以外の誰かが出入りする状況なんて、
札幌で独居生活していた時からは想像もつかないです。
物理的に遠いのもあったけど、夫以外の来客ありませんでしたから(笑)

適度に人の出入りがあるのは良いことです。
家をきれいにキープしようと心がけられるし、
こだわって揃えたインテリアでおもてなしするのも楽しい。

f:id:tsumatan:20180716223916j:plain
札幌のマンションで眠っていた有田焼のお皿が重宝しています。

子供がもう少し大きくなったら、ホームパーティー的な感じで
家にお友達をお招きしたいものです。

ひねくれ者の私がこんなことを言うと、全然らしくないのですが
札幌で単身赴任をしていた頃、きちんと家族一緒に暮らして
あれこれと思い描いていた様に家の中を整える。
それが今現実として叶えられているのが、しみじみと嬉しい。

仕事(無事に)復帰すれば、もっと慌ただしく余裕もなくなるかもしれないし
転勤の可能性もなきしにもあらずで、いつまでこの暮らしが続けられるかは未定。
1日でも長く同居が続くことを願いつつ、現状に感謝したいと思います。


【関連記事】


プチプラ育児お助けアイテム

今個人的に育児で苦労していることの一つといえば、寝かしつけ。
あと授乳後のゲップも中々うまくいかないけど、少し改善されてきた。
しかし、「寝かせる」というタスクの難しさはこの上ないですね!

ネットで色々コツや裏技的なテクニックを調べては色々試しているんですけど
全てセオリー通りにはうまくいかないもんです。

今のところ、一番入眠しやすいのは縦揺れの抱っこ。
つまりスクワットをするように膝を曲げ伸ばししながら子供を抱きかかえる。
チャイルドシートに乗せて車走らせてるとスヤスヤしているので
おそらく振動が心地いいのでしょうね。それと同じ原理。

しかしながら、縦揺れ抱っこは体への負担も大きく、
15分もやってるとかなり辛くなってきます。良い筋トレにはなりそう。
これで子供がすぐ寝て、無事に布団に置けたらいいのですが
しっかり寝入るまでにはしばらく抱っこしてた方が成功率高いし、
着地失敗したらまた抱っこからやりなおし。
この負担をもう少し軽減できないものか。

そこで以前から気になっていたテクニックを試してみることに。
夫の実家にですね、バランスボールがあったんですよ。
このバランスボールに座りながら抱っこするだけ。
上手くいかなかったらバランスボール買うの無駄になっちゃうのでまずはお試しです。

さっそくやってみると、スクワット抱っこと同じようにスヤスヤ寝てくれました。
これはかなり良い。子供というより、抱っこする人にとって。
座れる分、腰とか脚の負担がかなり軽くなります。

ただ、うまくいかないこともあるんですよねー。
お腹がすいてるとか、他に泣いてる原因がある時は難しい。
それにしても重宝しますね。抱き枕(兼授乳クッション)と並んで欠かせないかも。

ということで、東京への帰宅前に近くのニトリで購入しました!

f:id:tsumatan:20180709135625p:plain
※HPの商品画像お借りしました


お値段も1,000円以下で、手が届きやすい。

ま、抱っこ目的での用途は期間限定ですかね。
ゆくゆくは自分で眠れるようにねんねトレーニングなるものをやりたいのです。
子供の睡眠が上手くいけば、我々の生活もかなり楽になると思います。

生活サイクルが整ってくるまでの辛抱だ。。。

そういや2周年でした

「はっ!そういえば今週って結婚記念日だった!」

思い出したのは当日の何日か前でした。
子供の世話にいっぱいいっぱいで、うっかり忘れかけるところでした。

年数が経つにつれて、記念日とか気にすることも少なくなってくるかもしれないけど
2年目にしてこういう熱の冷めっぷり、大丈夫なんでしょうか(笑)

記念日だからといって、何がどうなるという訳でもありませんし
「交際始めて○か月」とか若いカップルの様に毎月毎月お祝いする年頃でもない。
そもそも、当日は夫は海外出張で不在でしたし。

去年の記念日は私が北海道に居て離れていたので
東京に帰省してから少し遅れてお祝いディナーを楽しんだっけな。
浅草の老舗で牛鍋に舌鼓を打っていたのが懐かしい。
もうそういう店に夫婦水入らずで行くのもしばらくおあずけですな。

てことで、今年は簡単に自宅でお祝いです。

f:id:tsumatan:20180714225704j:plain
とはいえ、いつもの献立とそうは変わらない…凝った料理する余裕もないのでね。
私は当分禁酒なのでノンアルで乾杯でーす。

低月齢赤ちゃんの育児に追われ過ぎてて
自宅ですらゆっくり食事するのも難しいけど、こういう時間は大事ですな。

仕事も忙しい中、家事と子供の世話も積極的にしてくれてありがとう!
食事の準備や夜中の寝かしつけに付き合ってくれてホントありがたい。
感謝の気持ちをもって、また1年平和に暮らせますように~。

【関連記事】


実録・低月齢ワンオペ育児

夫が無事に海外出張から帰ってきて安堵の思いです。
ああ、長い1週間だった!正確には月~金の4晩5日でしたが。

夫の帰還そのものより、ワンオペでの子供の世話からの解放が嬉しくて。
どうにか…どうにか乗り切りました。

出張は産前から決まっていたので、その話を聞いた時は
「ああ、気兼ねなくいってらっしゃーい♪」なんて呑気に構えていたのに
新生児育児の過酷な日々を送るうちに、夫の出張が不安で仕方ありませんでした。
出張終わるまで里帰り期間を延ばそうかと真剣に考えたくらい。

しかしダラダラと実家に甘え続けるわけにもいきません。
実家から離れている以上今後何年も我々だけでやっていかねばならないのです。
ひとつの山場である低月齢期、協力して乗り切ろうではないか。

簡単に、この数日を振り返ってみたいと思います。

お風呂

生後1か月過ぎからは夫が子供を風呂で洗ってくれていましたが
まだ私は産後の悪露がおさまっておらず、一緒に入浴できないので
新生児期同様にベビーバスを用いて沐浴をしました。
一応里帰り期間中もずっとやってたので、洗うのはなんてことないですが
沐浴前後の準備や服着せたりするのが一人だからバタバタ。
実家では義母さんに風呂上りのケア手伝ってもらってたからねー。
段取りって大事。

問題は自分の入浴です。
子供が抱っこからおろすと大人しくしてくれないので
寝てない時は覚悟を決めて超速でシャワーを浴びます。
風呂からあがると大体泣いてました…面倒みてくれる人がいないとこうなる。

食事

一番の難関が食事…。
ゆっくり料理なんてしてる余裕は当然なく、
腰を据えて自分の食事に集中する時間すら与えてもらえないことも。
子供を布団に置いて、さて食べるぞとテーブルに皿を並べた直後に泣かれたりね。
こうなると食事を中断せざるを得ないので熱々とか冷え冷えが良いものは無理。

手に取ってパパっと食べられるものでないと。
食事の準備はもうほぼゼロで出来るものが必然と候補になってきます。

布団に置いて長時間おとなしくしてくれることが稀なので
どうにか寝かせて家を飛び出し、ダッシュで最寄りのコンビニに食糧調達。

f:id:tsumatan:20180709221757j:plain
セブンでおにぎり100円セールやっててほんと助かったー!
これに、夫の出発前に作り置きしていたおかずを合わせて食べる。。。
まさにサバイバルです。

ありがたい助っ人

里帰りから戻って、東京での生活もまだ落ち着いていない状況での不在だったので
夫も心配して、義母さんにヘルプをお願いしました。
てことで、1泊2日だけですが、子供の世話を手伝っていただきに上京。

お陰で子供の抱っこを替わってもらっている間に、
スーパーでお買い物したり、ご飯を作り置きしたり。本当に助かりました!
さすが、泣く子をあやすスキルは敵いません。
何よりも大人と喋れるのがうれしかったです。

結論、ワンオペ辛すぎ

こんな感じのドタバタの1週間でした。
世の中、ワンオペで2人以上も子供の面倒を見てる人いるけど
一人ですら私には手に負える!!
単身赴任継続だったら、そのまま札幌で育児するか~なんて思ってた自分がアホ。
まあ、また月齢が進んだら少しは楽になるのかもしれませんが。

この1週間、どうにか乗り切ったというのは少し自信になるかな?
ただし、もうしばらくは夫の出張が無いことを願う。。。

里帰りでの出産費用

1か月検診も無事に終わり、しばらくお世話になっていた産婦人科通いも最後に。
妊婦検診で行っていた札幌の産院から移る時も色々不安ではあったけど
里帰り先の産院も本当に良いスタッフさん、設備で安心して身を預けられました。

次があるとすれば、またこちらにお世話になりたい!
…とは思うけど、二人目以降の里帰り出産は難しいでしょうね…。

上の子の世話を考えたら保育園にも通えなくなるし
かといって夫に全部任せて、って訳にもいかない。
となると次は里帰りせずに親にちょっと手伝いに来てもらうのが現実的かな。
そんなことをふと考えています。


さて、少しずつ出産時の振り返りをしてみたいと思います。
まずは分かりやすい金銭的な面から。


そもそも里帰り出産にした背景について。
単身別居しておりましたので、妊娠経過の診察はずっと札幌。
札幌で通っていた産院も本当に良いところでしたが、
さすがに会社の同僚以外知り合いもいない札幌での出産はナシ。

妊娠3か月くらいの時には産院も決めなければならず、
その時は東京に戻れる保証もありませんでしたので
まあ里帰りが無難かなということで。
で、諸々の理由で夫側の実家に里帰りさせていただくことになりました。

夫の地元も地方の田舎町ではありますが私の地元より産院の選択肢も多く
何よりちょっと前に出産した親戚の方からの紹介があったのが決め手でした。
通院から入院通して、良くなかった点というのはほとんどありません。
あえて言うなら、診察の待ち時間が長かったくらい?
気になるところは少々あってもそれ以上にとても良い環境でした。

お世話になった産院の良かった点
建物がモダン…改装後久しくなく、設備全体がキレイ、インテリアもセンス良し。
全室個室…陣痛待ちの2人部屋もあったけど余程お産が重ならない限りはなし。
食事が豪華…全部手作りでバランス、種類共に充実。お祝い膳2回もあった。
スタッフさんの手厚いサポート…お産前から出産後の育児相談まで助産師さんには本当にお世話になりました。それ以外の部屋掃除、食事、事務の方もみんな優しくて心穏やかに過ごせました。
サービス豊富…産後の体操教室や母子アロママッサージ、記念撮影などとにかくおもてなしが充実してて入院スケジュールも過密でした。ちょっと眠らせてほしいとも思ったけど(笑)

協賛会社さんからのギフトも大量に。
f:id:tsumatan:20180629163938j:plain
どっさり。
紙おむつのサンプルから、おしりふき、哺乳瓶、粉ミルク、母親用のサプリメント
内祝いやベビー用品レンタルのカタログ等々。

こんなサービス満点で、きれいな個室に入院していたので
さぞかし費用も高いに違いない、と思いましたが…
健康保険組合の出産一時金(42万)の差額で自己負担したのは9万弱でした。
つまり総額50万ちょいで済んだということですね。

私は吸引分娩もしたので少し高くついてると思ったのですが
入院前の説明で言われていた通り10万あれば足りる、で本当にそうでした!

※吸引分娩は帝王切開と同じように異常時、緊急時の措置のため
費用が上乗せされますし、場合によっては医療保険がおりるもの。。。
金額によっては保険請求しようかと思っていたのですが
思ったよりリーズナブルだったので(あと手続きが面倒だった)自己負担としました。

いやはや、ありがたいですね。さすが地方です。
これが東京でのお産だったら同じクオリティのケアでいくらかかっていたのか。
多分これよりもサービス少なくてもっと高かったと思います。。。

例えば、東京モノレールで羽田に向かう途中で傍にみえる「愛育病院」。
港区の一等地なんで、まあ高いのは想像つくんですけど、
HP見たら普通分娩の基本料金が約70万ですって。
希望があればこれに個室料金とかオプション代が加算されるそうな。
た、高すぎる…!
と思ったけど、東京はこのくらいが相場みたいですね。


むしろまだマシな方なのかもしれません。

それでもお産難民が出るほど東京も産院は需要に追い付いてないんだなあ。

今後の仕事や勤務地次第ですが
次があればまた何とか里帰りできないものかと考えております。

高速SAのベビースペース

 

夫の実家から東京に戻る際はレンタカーを借りて高速道路を走ってきましたが
時間もかかるしそこそこの移動距離になります。
赤ちゃんがいる手前、安心して途中休憩できるかどうかが重要。
それに合わせてなければこちらもミルクなどの準備をしていかねばなりません。

調べてみたら、SAに赤ちゃん用の休憩スポットがあるというのが分かりました。
意外と、関東エリアはベビースペースはしっかりしているようですね。

私たちが立ち寄ったのは首都圏近郊の某大型SAです。
よくある女子トイレ併設のオムツ台とか簡素な授乳室でなくて
赤ちゃん用に広い空間が用意されていました。

f:id:tsumatan:20180703132618j:plain
目が覚めて機嫌の悪いうちの子(笑)
オムツ交換台は3つも。
写真はありませんが、コンパートメントになっている授乳スペースや
粉ミルクを調乳するためのお湯サーバーまで。
しかもお湯は適温(81℃)にキープされているという充実ぶり。
汚れたオムツも捨てられて大助かり。

今まで子供居る目線で見てなかったから、
こういう施設が充実しているんだなあと改めて感心しました。

ま、私たちは自家用車持ってないので今後利用する可能性は低いですが
またレンタカーで遠出した際には利用してみたいと思います。

【関連記事】


今年も漬けました

やや季節感を逃した記事ですみません。
世間様の梅ネタはもうとっくに過ぎ去っているかと思いますが
今更私もひとつ投稿してみようかと。

今年は出産前でバタバタしてるし、無理かな~と思っていたけど、
思いがけず梅の実をいただきまして、里帰り中に梅酒を漬けました。
自分でやりはじめて3年目です。

のどかな田舎町の夫の地元。
ご近所様が立派な梅の実がたくさん取れたと、持ってきてくださったのですね。
東京ではわざわざデパートで梅の実買ってたのに、さすがは地方。

結構な量があったので、義両親も乗り気で梅酒作りすることになりました。
わざわざ瓶まで買ってきてもらって(笑)

ちょうどその時、夫も帰省していたので、一緒に漬け込み作業。
その時に漬けた梅酒をひと瓶、東京に持って帰ってきました。

f:id:tsumatan:20180704144439j:plain
立派な大きさの梅がごろごろ。
漬けてから1か月以上経過しているので色も変化してきています。
こういう季節的な家事をやると、日本人らしさをしみじみ感じますね。

ちなみに、去年漬けた梅酒は主に夫が一人で堪能しています。
ちょうど飲み頃になった時はもう妊娠してて全然私は飲めませんでしたので。
今も授乳があるのでしばらく禁酒。梅酒飲めない。
もしも意外と早く離乳してしまったら、年末あたりに飲めるのを楽しみにしよう。

【関連記事】