妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

揃いのマグカップ

朝方は体が寒いので、温かい飲み物が欲しくなりますよね。
牛乳を温めたり、粉末スープを入れるのにマグカップの使用頻度が増えています。

今まで持っていたマグカップは形も柄もバラバラでした。

マグカップって贈り物とか、記念品で無意識に増えることが多いじゃないですか。
使用頻度が高くなってきたこの時期になって不揃いなのが気になり始めました。
他の食器も気に入ったものを少しずつ仕入れているので
同一のもので揃えたいなと珍しく夫が言い出しました。

これはチャンスとばかりに、私の「いつか欲しいものリスト」にあった
iittalaのティーマを提案してみました。
お皿やボウル、統一されたデザインがシンプルで素敵ですよね。
写真を見せたら夫も乗り気に。

ただしサイズ感とか手に取った時の触り心地を見ておきたいということで
実際の商品をお店で下見してきました。
ティーマさんのマグカップはサイズが300mlと400mlありまして
そちらの比較もしておきたいと思いまして。

訪れたのは丸ビルにあるイッタラの直営店。
あとはオシャレインテリア店やデパートなどにも置いてますよね。
こういうところで買うと、大体定価なんですが
ネットショップで定価よりはるかに安いお値段で買えることも知っておりました。

お店で色やサイズを確認して、後で楽天でポチろうと。
思っていましたが…

f:id:tsumatan:20181230000528j:plain
悩みつつ、結局店舗で購入してしまった…。

直営店限定色の"リネン"カラーをチョイス。薄いベージュというか、生成の色です。
楽天でレギュラー色のものを買えば半額だったんですけどね。
白でいいやと思っていたけど、この色気に入った。ほんのり温かみがある。
もう店頭に残り4つとかしか置いてなくて、残り少ない在庫を入手したのでした。

f:id:tsumatan:20181230001005j:plain
カフェオレを入れると美味そうに見える。
↑は冷たい飲み物だけど、ホットコーヒー(インスタント)を淹れたり
牛乳をレンジで温めたり頻繁に食卓に登場しています。

久しぶりに良い食器を買いました。
しばらく様子をみて、必要そうだったら来客用のカップを買い足そうかな。
大事に使おう~。


運動能力は親譲り?

寒いので子供の体が冷えないようにと思い、レッグウォーマーを入手。

赤ちゃんって、手先足先が冷たいんですよね!
末端から放熱しているかららしいのですが。
あまり心配しすぎて厚着にすると逆に熱がこもっちゃうので靴下でなくて
レッグウォーマーくらいにしておこうかなと。
裸足で足の裏の感覚も発達させておきたいですしね。


手に入れたのが以前から気になっていた、クォーターリポート。


このピジョンエメラルド柄が素敵だなあと思いまして。
カーテンとかクッションカバーとか色々商品ありまして…
いつかインテリアのアクセントにこの柄の何かが欲しい!と思ってました。
ベビー用品も豊富で、とりあえずこちらを購入してみました。


が、はかせてみたところ、、、

f:id:tsumatan:20190113003238j:plain
太ももむっちむち過ぎて、上までレッグウォーマー被せられない!

↑のリンク先の写真の様に、かわいく着せるつもりが。。。
締め付けて脚に跡ができてしまうので、膝丈までで断念。
まるでルーズソックスです。

地域の乳児クラスで、もっと月齢が上の子のお母さんに言われました。
「ウチの子も動き始める前はそのくらいムチムチでしたよ~」と。

そうなんですよね。
歩くようになると、この肉付きも少しは締まってくるそうなのですが
元々体重も大きい方で推移してきたから、体が重いのか
未だにズリバイすらしてません。
同じ時期に生まれて、早い子では立ち上がったりしているというのに…。
そして動かないからムチムチ具合もアップしてる。余計重たくて動けない。


「ハイハイで動くようになると余計目が離せないよ」と周囲には言われます。
多分今の方が世話の負担としては軽いという意味で
とはいえ他よりも成長段階が遅れていると気になりますね。

こういう心配はこの先いくらでもあるんでしょうけど。
しばらく特訓の日々が続いています。本人はあまりやる気がなさそうだ。
私の育休明けまでにできることはやっておきますよ。


育休と自己啓発

「一年の計は元旦にあり」という言葉の通り、
この時期は何か新しいことを始める気持ちになりやすいと思う。
職場でも新年の抱負は毎年発表させられてましたし。
目標は立てても実行に移すのが難しいところではありますが。

そういう背景から年明けて『資格のユーキャン』のCMをたくさん見ますね。

その中で目についたのが「育休中に資格を取ろうと思った」というセリフとともに
赤ちゃんを寝かしつけてテキスト学習に臨む女性の姿。

今、同じような状態である私は何とも複雑です。このCMに対して。
育休中に資格取得ってのはある意味正しい。
少なくとも育休復帰後よりはゆとりがあるでしょうから。

だけどあの映像の作り方はやめてほしかったな…。
子供が寝てる間に…ってそんなにまとまった時間とれないからな!!
勉強の他にもやるべき家事や子供に関する書類仕事だってあるし
子にもよるけど寝ない時は全然寝なくて全く手が離せない。

きっと、ウチの会社の男性達も育休中のイメージってこのCMの様に
赤ちゃんを家で世話してる間は色々なことが出来るって思っているんだろうな…
私も出産前まではそう思っていたくらいですから。

しかし言い訳ばかりしていてもしかたない。
育休中は暇だなんて思わないけど、自己啓発のための時間をひねり出せるかは
自分のやる気と心がけの問題なんだよな。

結局、育休中は実用書を数冊読むだけで、資格取得までの根気はなかったorz
つくづく時間の使い方が下手な自分が恨めしいです。

残り少ない育児休業の日々。
これからあと何に時間を割こうかと考えたら、
やっぱり語学…英語のブラッシュアップがいいところかな。

f:id:tsumatan:20190115222555j:plain個人的に興味のあるインドネシア語は図書館にあった本をパラパラ読む程度で
マスターするには程遠い…せめて挨拶くらいは覚えておこうかと。

今更後悔しても仕方ないけど、産休入る前に計画しっかり立てておくんだったなあ。
ちょっと遅いけど、FPあたり勉強しようかともぼんやり考えております。
(結局しない可能性大)

食卓の家族文化

年末年始の食事について、思ったこと。

「この日はこれを食べよう」っていう習わしはどこの家庭にもあるものですよね。
今まで単身赴任で別居していたので、気づかないことも多かったのですが
年間行事との付き合い方って家々で異なるものなんだなあと、改めて感じました。

例えば、大みそかは私の実家ではすき焼きを食べるのが定番でして
私も未だにすき焼きを食べないと年を越せない思いがなくはない…(笑)
これは私の実家だけでなく結構どこの家庭でもすき焼きやることが多いみたいですが
夫の実家では全くそんな習慣はなかったそう。

その代わり(?)、年越しそばは大きな海老天をのせて豪華にしているそうで。
みそかのメインディッシュが年越しそばらしい。
私の実家ではかしわ入りのおそばを半玉あっさり食べる程度。
夫は海老天がのった蕎麦でないと気が済まないらしい。


夫と私はそれぞれ離れた地方の出身でして、
生まれ育った地方の文化の違いにもよるところが大きいとは思いますが
多分↑については家庭レベルの違いなんでしょうね。

それぞれのこだわりポイントを合わせまして、
みそかはすき焼きをやって海老天のせ年越しそばを食べたら
お腹いっぱいで胃もたれしていたのが1年前の話。
なんでも合わせりゃいいってもんじゃないですね(汗)

この年末はやはりすき焼きでお腹が膨れたので
そばは「どん兵衛」の鴨だしそばにしました。夫はやや不満そうでしたが…。


あと年明けの食事で。
夫は「七草がゆ」を食べたことがありません。子供の頃からずっと。
どうも義母さんが好きでなかったとのこと。
よくある話ですよね、自宅の食事は料理当番の好みに左右されるというのは。
ウチも母が嫌いな食べ物は出てこなかったな。

しかし七草がゆ食べたことないとはね。
私は実家でも必ず毎年食べてましたし、一人暮らし初めて以降も
ほぼ欠かさず毎年一人で作って食べるほどです。

「雑草なんか食べたくない!」と…
頑なに食わず嫌いな夫、おそらく作っても食べないだろうなと思ったので
お粥のかわりにこんなものを用意しました。

f:id:tsumatan:20190114234508j:plain
使用途中ですが、七草入りのふりかけ。
お粥でなくて白飯にぱらりとかけて、これで良しとしましょう。

f:id:tsumatan:20190114235422j:plain
ほとんどちりめんの味だったので、普通に美味かった。七草らしさはあまりない。
これ食べた後で、子供の離乳食に七草がゆやれば良かったなと。ちょっと後悔。

我が家の食卓文化は、夫の実家とも私の実家とも違うものになるんだろうな。
さてさて、どうなっていくかしら。




2019年1月資産運用状況

日々育児に追われるうちに年が明けてしまいました…(汗)
まずいですね。資産管理大したことができておりません。。。
家計簿いじるだけで精一杯でした。

ちょっと前に九州から友達が訪問してくれたり
お歳暮や年賀状、職場とやりとりするなどちょいちょい気をとられておりました。
(完全に言い訳です)

f:id:tsumatan:20190115233857j:plain
お土産にもらったお菓子が美味かった。
久しぶりに六花亭のバターサンドも食べたい。

 

旬を逃した話題で申し訳ないのですが、ソフトバンクIPO
結局初値が割れまして、夫がキープしていた当選株、やっぱり損しちゃいました。。。
あのネットワーク障害さえなかったらなあ…と苦い結果になりました。
やっぱり子供のジュニアNISA分は辞退しておいてよかったのかも…。
個別株は本当に難しい!



そしていつも通り、ほったらかし投資信託の定期観察の様子をお届けします。

それではどうぞ。

f:id:tsumatan:20190115232840p:plain
損益は合計で-7.2%です。
先月も先々月も辛い状況でしたが、今月はさらに下落しております。
この低迷はいつまで続くのか…もう心苦しくてチャート見るのも嫌です。
リーマンショック並みとは言わないがここまで悪いのも久々ですね。焦るな焦るな。
早く回復することを祈って耐えます。

 

では内訳です。

iFreeが購入額115,000円に対して評価額113,101円で-0.17%。
先月少しだけ浮上したけど再びマイナスです。
やはり債権は浮き沈みが穏やか。悪い時は心の安定につながる…?


ひふみプラスが購入額230,000円に対して評価額207,094円で利益-10.0%
アクティブファンド様、ということで。下げ幅さらにどーんときた。
まだまだ状況の厳しさを感じさせられます。
ひふみさんを信じて、苦しい時期を乗り切りたい。

ということで…今月の振り返りはこんなところで。
円高のうちに、外貨でも両替しておこうかな。



【関連記事】


夫の意識改革が急務

年明け前の話。

まーたやってしまった…。

日々の生活に対して私が感じている小さな不満がしきい値を超えて
夫にキレてしまいました。
そして今度は夫も不機嫌になっちゃったー。
よくないですね。感謝の気持ちは常に持たねばならぬのに。
お互いの不満点をきちんと共有できていない証拠ですな。

f:id:tsumatan:20190109221325j:plain
中国土産に良いものがなかったからと、わざわざ帰国後に
ルタオのドゥーブルフロマージュ買ってきてくれたのにね…ごめんなさい。



ちなみに私の不満は、夫の家事育児の取り組み姿勢です。
どこの家庭も永遠のテーマですよね~。

よその話を聞く限りだと、夫は比較的協力的な方ではあると思います。
日々できる家事やってくれるので助かってます。
そのことについては感謝しているという前提で、あえてリクエストしたい。

勤め先では立派に、中間管理職的な立場として頭をつかう仕事をしている夫。
チームメンバーに指示をして、人を動かすスキルも求められる…はず。
しかし残念ながら、家庭においては、特に育児は作業員に成り下がっています。
私がしっかりと意思決定して、夫を動かさねばならないのです。

たとえば…何時に子供に授乳するか。ミルクor母乳?
また離乳食はいつ食べさせる?食材は?
明日はどの服を着せようか…などなど。

ひとつひとつ取ってみれば細かく大したことではないのですが
私はこの細々した意思決定の連続がなんだか面倒に感じてしまいまして。
試行錯誤を経てここ最近はパターン化しつつあります。
勝手に体が動くようにするには、習慣にする必要があり
習慣にするまでにはトライ&エラーで効率的なやり方を探ってきました。

同じ苦労をしろとは言わないけど、伝授したいのです。

もちろん今は育児休業で仕事をしていない私がメインで担うべきではあっても
復帰後は夫にも同じ意思決定をできるようになってもらわねばなりません。
まだ現実味がないのか、教えようにも無関心です。

いざ復帰してから「あれどうするの?」「これは?」と
イチイチ確認されていては私の仕事の能率も下がりそうです。
ただでさえ今仕事を離れて感覚が鈍っているのですから!

まあ、一般的には母親が仕事セーブして家事育児負担多めにというのが
スタンダードな姿かもしれません。
我が家もできることならそうしたいという気持ちもあります。

が、多分…復帰後の仕事の先行きも掴めない現状なため、
以前のペースまでとはいかずとも、ある程度仕事の負荷がかかることは覚悟が必要。
とりあえず「仕事頑張る」ポーズは示しておかないといけないのです。。。

だから今のうちに少しずつ復帰後に向けて、意識を変えていってほしいのです。
「まだ3か月もある」じゃ、あーっという間に過ぎてしまいますからね。

そのためには、少々荒療治も必要なのかな?
などとぼんやり考えているところ。
タイミングをみて、丸1日夫に子供を預けてみようかなあ。

と、ぼんやり考えていたら、このところ少し意識が変わってきた気がします。
離乳食の準備にも少し興味をもってくれているみたいだし。
この調子で夫にもワンオペできるまでに慣れていってもらおう。

【関連記事】


6~7ヶ月離乳食メモ

自治体の児童館的な施設に通っているうちに、
月齢の近い子のママさん達とも顔なじみになり、よく喋っています。
ここ最近のホットな話題のひとつが離乳食です。

「今何食べさせてる?」とか「どうやって作ってる?」とか。

離乳食は保健所で講習もあったり、書籍も色々選択肢があるけど
理想論ばかりで結局はどうなの?ってのが気になるんですよね。
よその家の話を聞いて、本に書かれている通り真面目に食材の下ごしらえをして
時間を割いて支度されている方もいらっしゃるようで…頭が下がります。。。
私は比較的楽しているようだ。

とはいっても、離乳食の準備は大事ではあっても
数多くの家事育児タスクのひとつですから、あまり時間かけてもいられない。
効率よくやらないと手が回りません!

↓はお正月に帰省していた時の離乳食ストックです。
初期のまだ滑らかな形状のもの。

f:id:tsumatan:20190109002636j:plain
1日2回食で、1回あたり大さじ6~7杯くらいの量を与えています。
その場でチマチマ作るのも面倒なので全て自前で用意。
帰省中は3泊で6回分の食事を過不足なく持参しました。

パルシステム、自作の冷凍ペーストを小分けしておいて
都度必要量を食器に移して、お湯を加えてレンジで温めるだけの状態に。

今回初めてベビーフードにも一部頼りました。楽でいいですね。
離乳食初期はアレルギーの心配もあるので1種類ずつ食材を試すために
どうしても手作り主体になってました。

基本的な初期のベビー向け食材はひととおり確認できたので
さらに食材を増やすべく、自分で料理しづらいものは既製品に頼ります。

離乳食中期、いわゆるモグモグ期は食材の粒つぶ感も大事だということで、
今までみたく全てミキサーでドロドロにするわけにもいきません。
刻むのもちょっと手間ですしね…。

うちの子は只今モグモグ期に移行中でして、少しずつ形状を変えていってます。
10倍かゆは7倍にして粗くすりつぶしてみたり、豆腐もスプーンでくずしてみたり。

ホントに初期の初期から比べたら子供も食べてくれるようになりました。
試行錯誤してたどり着いたレシピでようやく安定した感じ。
ただし献立は今のところ2種類しかない(笑)
その2種類を午前中と午後にそれぞれ出して、毎日ほぼ同じ内容。
モグモグ期、もっとメニューを増やさねば…考えるのが面倒だ。

また近いうちに泊りがけの外出を計画してます。
その頃にはもう少し食材のバリエーションも増えているはずなので
手作りでは追い付かないはず…ベビーフードも活用していこう。

家計簿【2019年1月】

だいぶん間が空きましたが、久しぶりに家計簿再開しました!
1人暮らし→3人暮らしになり、財布も2つということで記録方法から仕切り直しです。

マネーフォワードを導入して1か月間、面倒くさがっていた夫にも協力してもらい
だいたいの支出を把握するという目的をもって試験的に運用してみました。
全ての支出を記録するのは夫にもハードルが高いので、まずは食費、光熱費から。

平日のランチ代や飲み会など個人的な支出は記録していません。
私は出来る範囲で自分で支払ったものは入力してますが、
徐々に夫にも記録項目を増やしてほしい。多分やらなそうだけど…。

ということで、実際に使った総額とはまた異なりますが
1か月の努力(入力を続けるという)を記しておきたいと思います。

それではどうぞ。

f:id:tsumatan:20190108234443p:plain

とりあえず、先月分はスクショ画面のみで。

さて、一番知りたかった食費ですが…思いの外高くてびっくり。
夫のランチ代は入っていないのに、ほぼ自宅での食事だけで50000円越えだと?
札幌単身赴任の頃は、外食のランチ込みで月3~3.5万でした。
そんなに高い食材買ってたり、バカ食いしているわけでもないのになあ。。。

確かに、12月はクリスマスや年末年始で少しご馳走が多かったけども。
スーパーでついついお惣菜やつまみを買ってしまうクセが家計簿に表れているのか。

食費については、引き続き家計チェックしていきたいと思います。

他に大きな割合を占めていたのは光熱費と子供関連の支出がそれぞれ1万ずつくらい。

光熱費は想定範囲内です。
お風呂も毎日ためてますし、洗濯物も毎日してる。
子供がいるからエアコンで空調も整えてるから当然といえば当然。

子供関連は、オムツと粉ミルク、消耗品を少々まとめ買い。
これも来月は落ち着くでしょう。

こんなところです。
1月からまた以前のようにエクセル表管理を復活させようかな~。
家計簿をつけることが目的になってはいけません。
これをみて改善点を可視化することで締めるところは締める!
健全なキャッシュフローを目指します。

【関連記事】

tsumatan.hatenablog.com

 



スケジュール共有は壁掛けカレンダーで

新年になったので、自宅のカレンダーを新調しました。

f:id:tsumatan:20190102013920j:plain
設置場所は、滞在している時間の長い、リビングの壁にピンでとめています。
インターフォンの横の細長いスペースにジャストサイズ!

この縦型の書き込みできるタイプのカレンダーが好きなんです。
今まではタダでもらえるツテがあったのですが、今回は諸事情で自力確保することに。

なかなかこの形状のカレンダーが置いていませんで…探すのに苦労しました。
ネット上の口コミでキャンドゥにあると聞き、
寒空の下、二輪車に乗って数軒キャンドゥを回ってようやく発見しましたよ…(汗)
ようやく入手できたのがギリギリの大みそかでした。

デザインもシンプルですし、予定を書き込むスペースが十分にあり
サッと一瞥で月間予定が確認できるのが気に入っています。


私も夫もさほどマメではないので、なんでもかんでも予定を書き込むわけでもなく
忘れると困るような案件をメモしておく程度。
これくらいの記入スペースがあれば十分です。
例えば、予約しておいた粗大ごみ回収がいつだとか、保育園の見学日とか。

子供が大きくなったら、人物別に記入欄が分かれた形状のカレンダーにするかも。
とりあえず現状は↑のタイプを使い続けます。
キャンドゥでしばらく売り続けてくれることを祈ります!

ちなみに、仕事上のスケジュール管理は
仕事スマホに入っているカレンダーに入力していっております。
PCとも連動しており同僚の予定もこれ見れば一目瞭然で便利です。
年配の社員さんからはあまりウケがよくない仕組みですが
私の勤め先がこういうシステムの下に会議のアポ取りなどするようになったので
逆に使わないと把握しきれません。。。
とはいえ紙媒体も手放せないですよね。今年の手帳もそろそろ入手せねば。

森永乳業のエンゼルボックス

先日申し込みしていた、森永乳業さんの育児関連ツールのプレゼントが届きました。

f:id:tsumatan:20181231001923j:plain
エンゼルボックスという名称でして、
中身は各種育児用品の協賛企業のサンプル詰め合わせです。

f:id:tsumatan:20181231002112j:plain
紙オムツや入浴剤、保湿クリームなど。
あとは内祝いのカタログに、こどもちゃれんじの入会案内なども。
このあたりはもう鉄板ですね。

私が欲しかったのはこれ!

f:id:tsumatan:20181231002248j:plain
生後6か月~12ヶ月までの育児日記。
子供の授乳やオムツ交換、睡眠の記録を毎日コツコツつけています。
産院で貰った前期の日記が使いやすかったのでもらえて助かるー。

f:id:tsumatan:20181231002333j:plain
これで2冊揃いました~。

後期の日記の中身はこんな具合。

f:id:tsumatan:20181231002406j:plain
前期のと違って、タイムスケジュールの欄がより簡素になっています。
発達記録を書く欄が大きくなっている。
新生児の頃に比べると、授乳もオムツ交換も回数が減ってきますからね。
ちょっとまだ新しい書式に慣れてませんが、毎日欠かすことなく記録中。


保育園に預け始めたら記載続けるのも難しいかもしれませんが
1歳までは出来る限り頑張ろう。

あとはこれ…。同封されていたもの。

f:id:tsumatan:20181231002420j:plain
何故かうちの子がこの冊子を見せるとハイテンションに。
表紙の赤ちゃんが自分の顔に少し似ているからか。ゲラゲラ笑って反応します。
内容も参考になるのでこれはしばらく取っておこう。


【関連記事】