元単身赴任妻の日記

「妻は単身赴任中」から出産を機に別居解消しました。

子守りはシフト制

我が家は、いつの間にかシフト制っぽい生活スタイルが出来つつあります。
子供の世話に関して、です。

一人でずーっと子供につきっきりになっていると
育児以外の日々のタスク遂行に支障が出るため
夫と交代で子供の世話をしています。

f:id:tsumatan:20190711223911p:plain
ここまで極端ではないけど考え方はこれに近い。
純粋な自分の時間は…ほとんどないですね。

ざっくりいうと、夫が早番、私が遅番といった感じです。
起床・就寝と出勤時間を1時間ほどずらしています。

夫はフレックス制度を使って早く出勤する分、退勤も早めています。
朝保育園へ送るのは私が担当し、夫が迎えに行ってくれています。
日により若干変動はありますがおおむねこんな感じ。

育児・家事の負担がどちらかに偏らないための工夫です。
細かい役割分担は固定していますけれど。

周囲に聞いた感じだと、共働きでも家事育児は母親側の負担が大きいようですね。
まあ世帯収入の割合が主に父親側で大きいってのが大きな理由なんでしょうけど。
この辺の議論をここでするつもりはないですけど
収入とか仕事の負担の大きさとか、はたまた専業主婦家庭とか関係なく
男女共に家事と育児のスキルは必須だと思っています。
どちらかが体調を崩したり、何か急用ができて家を空けることになったら
途端に生活に支障が出てしまいますからね。

もちろん、今の我が家のやり方は、互いに仕事を多少セーブしないと成り立ちません。
時短勤務はしないものの、残業はできるだけしないように努力しています。
夫が協力してくれているお陰で私もだいぶんメリハリのある日常を送れています。

もちろん、その分家計を支えるという責任感も大きいですし…。
私の勤め先でも、育休明けしばらくは時短勤務するものと思っている人は多い。
家事と育児の負担は女性が多いって先入観のもとに。

とりあえず、我が家はどちらかがダウンしても生活が乱れないよう
仕事・家事・育児はできるだけ平等にしています。


風邪をうつされた

夫の病弱ぶりについては何度か言及してまいりましたが
海外出張から帰ってきてまた風邪をひきました。

これまでは、なんとかうつるのを免れてきましたが
週末で一緒にいた時間が長かったせいか、私も感染してしまいました(>_<)
くしゃみ・鼻水が辛い~。

私が風邪をひくといつもアレルギーのような鼻炎症状が出ます。
それだけでおさまることも多いけど、とにかく鼻が死ぬ。
もともと鼻炎持ちってのもあるんですが花粉症を疑うレベルです。
平日の2日ほど、きっつい症状に苦しんでおりました。。。

鼻をかむのに気を取られて、やや酸欠気味で仕事の効率もかなりダウン。
嗅覚が機能していないので食べものの味も分からず食事の楽しみが消え
ボーっとして仕事にも日常生活にも影響が出ています。

子供には移さないように細心の注意を払っていましたが
やっぱり感染してしまったようで鼻ズルズル。

以前花粉症疑いで受診した際にもらった鼻炎薬を飲むことに。

f:id:tsumatan:20190716233646j:plain症状は鼻の炎症だし、これで多少は楽になってほしかったのですが
効果のほどは…?でした。
喉もイガイガするので、ポカリが欠かせません。

とりあえず一番辛い時期は脱したけど、依然として嗅覚は死んだまま。
働きながら、育児しながらで風邪は辛いですね…。

やはりアレだな。
今後はどちらかが風邪引いたら寝室は隔離しよう。

我が家のフリースペース

我が家の間取りは子供の居る家庭では決して広くはない2LDKですが
リビングは出来る限り家具やモノを置かないようにキープしています。

在宅中、一番長い時間を過ごすリビング。
端にダイニングテーブルを配置して、ベランダ側には
子供が自由に動き回れるように、ジョイントマットを敷いているだけです。
マットを敷いている広さとしては3~4畳くらい?
その他の家具は一切なし。

毎日ここでおもちゃを広げて遊んだり、昼寝の布団を敷いたり。
夫もよく寝転がっています(笑)
私は洗濯物をたたむのにこのスペースを使っています。

足の踏み場もないほどぐちゃぐちゃになっている時はこのありさま。

f:id:tsumatan:20190706235657j:plain
夕食を済ませて、お風呂に入る前の状況です。
ここまで派手に散らかします…。もっとひどい時もあるけど。

子供が遊びに夢中になっている時はカオスなんですが
片づける時はササーっと収納コンテナに入れるだけなので早いです。

f:id:tsumatan:20190706235724j:plainものの5分ほどでリセット完了。
おもちゃは無印のケースにざっくり片付けて、壁側に置いています。

 

追加で欲しいくらい使い勝手が良いけど、徒に収納用品を増やすべきではない。
おもちゃはこれ以上増やさないように夫に釘を刺しておかないと。

何もない広い空間は気持ちが良い!
できるだけキレイに片付いた状態を維持したいけど、
子供が起きている間はそうもいきません。
とりあえずは今のように、すぐ片付く体制にしておきたいと思います。

他の場所にある収納がほとんど埋まってしまっているので
キャビネットでもあればいいなあとも思うけど、
定期的なモノの見直しをして物量キープしています。

いつまでこのの物件に住んでいるか分かりませんが、
家具は追加せずにやっていきたいものです。
子供が大きくなったら机を置いたりしなきゃなんないのでしょうけど。


【関連記事】


冷麺ばかり食べています

去年は毎日カンカン照りだった記憶しかないのに
今年は本当に涼しいというか、夏がきた気が全然しませんね!
暑い中、子供に日が当たらないよう気を付けながら保活してたのが懐かしいです。
猛暑も辛いけど、やはり暑くないのは寂しく感じます。

大して気温は上がらないですが部屋を閉め切っているとやはりムシムシするので
ランチにはひんやりメニューをよく食べています。

平日は主に、コンビニで買ってきた冷製パスタや冷し中華など。
セブンイレブンのトマトソースのパスタと、冷し担々麵はよく食べています。
これは美味い。

家でも冷麺を作って食べますよ。

f:id:tsumatan:20190714134405j:plain
夫作の盛岡冷麺です。
市販の麺とスープのセットを買ってきて茹でて具を盛っただけですが。
どうしても食べたくなったそうな。

そしてジャージャー麵なども。
f:id:tsumatan:20190714134249j:plain
こちらもパルシステムで時々注文する麺とタレのセット。
盛り付けの具材だけ自前です。
味付け卵は、半熟のゆで卵をめんつゆに漬けるだけの簡単レシピ。
唯一といってもいいくらいの我が家の作り置き食材。
具をたくさん乗っけることでお手軽だけどちゃんとしてる風を装っています…(笑)

冷麺が食べたい季節ではあるけど、やはり時折肌寒く感じるので
暖かいメニューもそれなりに出てきます。

早く梅雨が明けて、夏らしい気候になって欲しいものです。

2019年7月資産運用状況

夫が所有している株の企業から、株主優待が届きました。
ひとつはクオカード。
もうひとつはおこめ券でした。
f:id:tsumatan:20190713230209j:plain
まだ株には全く手を付けていない私ですが
これ、ありがたいですよね~。
ちょうどふるさと納税の返礼品で貰っていたお米がなくなったので助かった!

株主優待、もっといいモノもらえないの?って思っていたけど
企業の株を持っているだけでこれはありがたい!
早いところ、私もどこかの個別株を買いたいなあ~。

今月も相変わらずの、投資信託の運用状況をこちらに記載しておきます。


それではどうぞ。

f:id:tsumatan:20190713231250p:plain
全体の利益率は+0.5%でした。ようやくプラスに戻りました。
まあ、定期預金の利子レベル…数字にすれば微々たるものです。
そういえば今期はしずぎんのウルトラ定期やらないらしい。
やはり銀行全体的にキツいのかしら。


では内訳です。

iFreeが購入額145,000円に対して評価額148,142円で+2.2%。
今月もなんとプラス!長期保有の成果が出てきたのかしら。
株式ほどの値動きはないけど、コツコツが大事なんでしょうね。
この調子でプラスを維持してほしいです。

 

そして気になるのがもうひとつの方。
ひふみプラスが購入額290,000円に対して評価額289,248円で利益-0.3%。
先月よりもまたちょっと浮上してきました。あと少しですね。
だけど、アップダウンが大きいのであまり一喜一憂すべきではないかも。

なんと今月はiFreeがひふみのマイナスをカバーしてトータルがプラスという奇跡。
下手なりに良いポートフォリオを組めているのでは?などと思ってしまいました。


ということで、今月も簡単になりましたが報告は以上です。

会社の積み立て投信(401K)からも定期の運用報告が届きました。
状況としては、横ばいといったところでしょうか…。
積立額小さいし、もう少しだけ掛け金を増やそうかどうしようか思案中。

 



【関連記事】

通勤カバンを変えようかと

久々に仕事バッグについて書きます。

いまだに色気の全くないTHEサラリーマンかばんを使い続けています。
さすがはポーター、7年ほど使っているのに1度肩紐の金具が折れただけで
ヘタリもほとんどなく、まだまだ長く使えそうです。
さすが高いだけのことはある。

ショルダーバッグとして肩にかけて持ち歩いているのですが
通勤時間も以前より長いからか肩に負担がかかるようになってきました。
ずっと右肩にかけているのが悪いんですよね~。
かといって左肩だとなんとなく違和感。
それに子供の保育園バッグも持っているから仕方ない。

肩の痛みって、致命傷にはならないけどジワジワHPを削られる感覚ですね…。
このままでは健康面に影響が出てしまいそうなので、
負担が経験できるような鞄に変えようかと思っています。

となると、リュックやはりですかねえ。
今は内勤も多いし、営業っぽいビジネスバッグを毎日持たなくてもいいわけだ。

結構要らんものも入ってるから鞄重たいんですよね。
顧客訪問する時は手帳に筆記用具に資料をどっさりとたくさん持ってました。
基本車移動だからあまり鞄の重さとか気にしてなかったな。

結局今もダラダラと営業ツールを鞄にひと揃え。
日々使っているものなんてほとんどないのに…(汗)
毎日鞄の中身を出し入れしていないズボラマンです。

とりあえずは、マザーズバッグにしているanelloを使ってみるかな。
職場に持って行くじゃちょっと恥ずかしいですが…。

f:id:tsumatan:20180305004119j:plain
目立たないディデールにこだわった、ANAオリジナルデザインのアネロ様。
お値段は倍近くしたけど、レギュラー品と見た目はあまり変わらない…(笑)
老いも若きも、外国人にも大人気。ホント街でよく見かけるんですよね。
人とかぶりすぎてイケてない感じはする。


今持ってるポーター、まだまだ耐久性ありそうだけど
次買い換えるとしたら3WAYのバッグにしようかな~。
ショルダーにもリュックにもなるやつ。

使いまわしのきく、おしゃれで丈夫なビジネスバッグを求む。

【関連記事】


保護者会に行ってきた

子供が通う保育園で、保護者会が開催されたので家族で参加してきました。

毎日送り迎えをしていても入口で受け渡しするだけなので
じっくり園の中を見たのは妊娠中の見学の時と、入園前の面談だけでした。
連絡帳のやりとりだけでは日々の園での過ごし方ってよく分からないですしね。
また今は違った視点で色々見れるだろうと、楽しみにして行ってきました。

0歳から年長さんまで40人もいない、小さめの認証保育園。
全園児の保護者が集まったらそこそこな人数で園内が埋め尽くされていました。
半分くらいが事務連絡で、他は園での子供達の様子をビデオで見せてもらったり。

忙しい中、保護者会のためにビデオ回してもらっていたんですね~。
散歩のカート、どうやって乗せられているんだろうとか
普段親の居ないところでどういう過ごし方をしているのかとか
気になっていた姿が垣間見れて、笑いながら楽しませてもらいました。


ウチの子の所属する0歳クラスは5人。
入園式もなかったので、まともに他の保護者と交流するのは初めてでした。
他の子はウチの子より産まれが遅く、一番小さい子は早生まれだったりします。
同級生とはいっても0歳は本当に月齢差がありますよね。。。
まだ一緒に仲良く遊べるような時期ではないけど、
お互いに何かしら刺激を受けて日々成長しているようです。

一番のお楽しみは昼ご飯の試食会。

f:id:tsumatan:20190630000428j:plain
右奥に映っているのが、後期の離乳食。
手前が完了食のハヤシライスとサラダ、スープ。
ウチの子はもう幼児食と同じものを少し細かくして食べているので
大人たちの試食メニューと同じものをいただきました。
もうこんなに立派なごはんを貰っているのか…。

よく見たら、他の子が食べていた離乳食は粉ミルクを一緒にもらっているとはいえ
控えめな量ではありますな…そりゃ大食いの我が子には足りなかっただろう。
離乳食では足りなくて11ヶ月に入ってすぐに完了食に移ったのです(汗)

保育園ではもうコップでお茶も飲めているらしく、上手にコップを使っていました。
なんとまあ、いつのまに…。知らなかったよ!

こういう発見があったのも、保護者会に参加して良かったこと。
また保育参観もしてみたいです。

北海道に永住できる?

私の地元は、北海道の方からしたらだいぶん縁遠いところなので
出身地の話になると「何を話していいのか分からない」ということもしばしばでした。

そんな中、奇跡的に、取引先の中に同郷出身者がいたのです!
"隣の市町村"というレベルの。
人口も少なくマイナーな地方の町、東京でも地元が同じ人は中々お目にかかりません。
それが、まさか北海道で会うなんて…(笑)


その人は、私が転勤した当時はまだ社会人2年目くらいの女の子。
北海道の大学に進学し、そのまま道内の地元企業に就職したということです。

道内だけの話ではないかもしれませんが、地元でない大学に行って
大学の所在地で仕事を見つけるってよくあるみたいですね。
まあ、北海道の場合は東北出身の人はそこそこいたんですけど
私の地元から北海道の大学に行くこと自体結構レアケース。。。遠すぎるので。
そして拠点が道内にしかない就職先を選ぶというのは、
よく決断したねえ…としか言いようがありません(汗)

私が北海道を去る時も、激励してもらって名残惜しい思いでした。

年下だけど、大学生活も含めたら北海道居住歴は私よりも長いし
今も現場で頑張っているのだろうなと思っていました。


なのですが…最近SNSを通じて、彼女の近況を知りました。
最近会社を辞めて地元に帰ってしまったそうな。

今はローカル拠点の仕事に精を出しているようです。
彼女の地元も私の地元と同じく、職業の選択肢は少なくて
まして大卒のキャリアを存分に生かせる仕事は本当に限られているはず。

f:id:tsumatan:20190603233122j:plain
日常的にこういう風景を眼前にするというのは、私の地元じゃあり得ない。
キレイな景色、とか癒されるとか以上に厳しい冬の暮らし。
寒いのが大嫌いな私にとっては辛さの方が大きかったな…冬に関しては。

北海道は魅力的な場所のひとつです。
私の周りにも道内に定住した・したいという人はいます。
だからこそ、彼女も北海道で働くことを選んだんだと思います。

実際に仕事をしてみて色々思うところはあったのでしょうけど
北海道に就職して定住するって決めた覚悟は立派です。
そして地元に帰ると決めた覚悟もえらいなと。

私は転勤になっても会社を離れる覚悟がなくて
ずーっと新卒から同じ会社で働いているんですが。
地元にしても、北海道にしても骨をうずめるなんて考えられない。。。
東京にずっと居られるのならそれでもいいけど
もうしばらくはふらふらと、なりゆき(会社の辞令)に任せてみたい。
そんなモラトリアム人間です。

彼女が地元で楽しく働いて日々過ごせているのか、
また帰省した時にでも会って話をしてみたいです。

【関連記事】


初めてのワーキングワンオペを経験して

無事に夫が海外出張から帰ってきました。
帰宅を今か今かと、首を長くして待っていましたよ。

いや~、大変だったな。
とにかく時間との闘いという感じで。

仕事自体は想定よりも忙しくなかったので定時退勤で帰宅できていたものの
子供を保育園に迎えに行ってからがドタバタでした。

子供の食事→風呂→寝かしつけ

ここまでが本当に目の回る慌ただしさ。
夫が居れば、手分けして大人の夕食準備と保育園のパッキングまでやるけど
一人だと目の前の子供の世話だけで手いっぱい!

そして意外にも、夫の不在中は子供がやや不安症な感じでした。
父親が居ないのを察してか、自宅では私にずーっとべったり。
トイレや台所など、ちょっとでも傍を離れようとすると泣き叫び
常に抱っこしてアピール。
子供を寝かせるまで、自分の食事すらままならない状況でした(-_-;)

今までの夫の出張中はここまでべったりすることなかったのにね。
これも成長の証なのか、だいぶん周囲の状況を理解できるようになったみたい。
このくらいならなんとか対応できるけど、
そのうち、歩き回るようになって、もっと自我が出てきたら大変そうだな…。

これを日々やってらっしゃる世間のワーキングマザーの方々、立派です。
そして夫が協力的であることにも改めて感謝。

今回も義母さんに手伝いにきていただいたのですが、
気を使ってたくさんは頼れない!と思いながらも
私の負担を考えてお惣菜を買ってきてくれたり、
子供の食事や風呂前後のケアをしてもらったりと大助かりでした。
お陰で精神的にも余裕だったし疲労感も軽減されました。

f:id:tsumatan:20190712230722j:plain
夫が無事に帰ってきたので、義母も一緒にうなぎを食べに行きました。
美味かったー。最高でした。

改めて、働きながらのワンオペは大変だなと思ったのでした。
育児に家事にコミットしてくれている夫に改めて感謝!

【関連記事】

着る服が変わったので

遅ればせながら、自分の衣替えをようやく行いました。

つい先日まで冬服を手が届きやすい表側に出していたズボラっぷり。
とはいっても、平日は2、3パターン、週末も3パターンほどの着回しなので
クローゼット総入れ替えしなくても事足りるんですよねー。
以前よりも着る服が減ったから、管理もだいぶん楽です。
最終目標は衣替え不要になるレベルにしたい。

衣替えはシーズンの服を点検して、要不要を見極める重要なものでもあります。
何度も手持ちの服は見直してきましたが、
気に入ってて手放す決心がまだつかなかったものを整理。

・カットソー(ナチュラルビューティーベーシック)

f:id:tsumatan:20190701232234j:plain
形がとてもお気に入りでした。もうだいぶんくたびれてしまった。


・カットソー(ナチュラルビューティーベーシック)
f:id:tsumatan:20190701232321j:plain
完全なる休日の服。これも着倒しました。

・スカート(ナチュラルビューティーベーシック)

f:id:tsumatan:20190701232437j:plain
もう年齢的には合わなくなってきたかなーと。

・カーディガン(ナチュラルビューティーベーシック)

f:id:tsumatan:20190701232547j:plain
マリンテイストが涼しげで好きでした。

・カットソー(シューラルー)

f:id:tsumatan:20190701232727j:plain
1枚で決まるのでヘビロテしてました。

・Tシャツ(ブランド不明)

f:id:tsumatan:20190701232917j:plain
私の大好きな鳥モチーフ。

・キャミソール(テチチ)

f:id:tsumatan:20190701233012j:plain
なかなか合わせる服がなくて着る機会が少なかった。

・ワンピース(サマンサモスモス)

f:id:tsumatan:20190701233212j:plain
厚手のあるスカート。主に冬向け。

こうしてみると、私青い服ばっかり着ていたなあ…(笑)
これらは今でも気に入っていて、手放すのが大変辛い服たちです。
だいぶんヨレヨレでお恥ずかしいのですが。

だけど、最近は服選びの基準が変わってきたのもあり
今の自分の重視するポイントから少しズレているんです。
生地が傷みやすいとか、洗濯に気を遣うとか。

↑で見てお分かりのとおり、ナチュラルビューティーベーシック、好きなんですよ。
オシャレだし、仕事にもプライベートにもいけるデザインで。
だけど生地がすぐ毛玉になりやすいんです…一部丈夫なのもあるけど、そこが残念。

お気に入りなだけあって、十分着倒したし、役目は十分に果たしてくれました。
ありがとうと言って手放したいと思います。

これでまた衣装ケース1つ分ほどスッキリしました。
定期的に見直しつつ増え続ける子供服のスペースを確保します。