読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

上司と人事面談

今日は定期的に実施している業績評価の面談でした。

これまでの成績は悪くないところで落ち着きそうだな。
問題はこれから。
新上司の元で新しい仕事、うまくやっていけるだろうか。。。


一通り評価の面談が終わったところで、上司からのぶっちゃけ話が。


自分の人事評価の裏話

私の会社は、年に一回人事考査があります。
そこで仕事ぶりが認められれば昇級して給料も上がる。

今年はそろそろ一つランクがあがるかな?
と思っていたけど、結局据え置きだったので
上司的にはまだ早いと感じていたのかな、と思っていました。

だったんだけど、実は上司は私の昇級を提案してくれていたらしい。
えっ?そうだったの??


私の直の上司には人事権をもっておらず、
社員を昇級させたり異動させたりというのは
部門ごとのトップの方々に掛け合う必要があります。
どうも、そこで反対意見があったとか。



アピール上手が優遇される

私は営業の部門に所属していて、
トップの方々はかつては営業マンとしてゴリゴリやってきた人ばかり。
だからだと思うんだけど、積極的に自分を売り込む社員が好き。

もうだいぶん年数たったけど、新卒で就活やってた頃
企業説明会やグループ面接で質問を繰り返したりうんうん頷いたり
必死にアピールしてる学生を見ることがあった。
それを目の当たりにして、冷めてしまった自分がいました。。。
あんな風にはなりたくないって。


会社に入った今でも、社内接待的なものはあって、
飲み会があれば上の方の元へ馳せ参じてずーっと張り付いていたり
会議ならバンバン発言して自分を目立たせる。

当然上の人だって社員ひとりひとりを細かく見ているわけじゃないし
目立つ人を優遇したくなるのは痛いほど分かる。
だけど…どうも、私はそういうパフォーマンスをするのが苦手で
いつも一歩引いてしまうのです。
裏方で黙々支援に回ってる方が性に合ってるというか。

かといって、ツンケンしてるわけじゃないし、
上の人と顔を合わせれば愛想よく雑談だってしてる。
それだけでは伝わらなかった様です。

結局あいつって何やってるの?
ということで、存在感を出せなかったのが昇級できなかった理由らしい。

「まんまるはさ、よく頑張ってるのに損してるよ!」

それを聞いて、本当に凹みました。
とても優しい上司です。

f:id:tsumatan:20160916004344j:plain



きっと私に対して至らない点、色々感じているのでしょうけど
やんわり指摘してくれるのがなお辛い。。。


多分…今回異動になったのはそういう視点があったんだろうな。


感じずにはいられない社内格差

私の会社、転勤族の社員にとっては東京勤務というのはステータスでもあり
東京を離れることの無い部署の人ですら選民意識みたいなのを持ってる感があります。
別にどっちが偉いとかはないけど、支店は下に見られているのは否めない。。。

そういう意味で言えば、私は左遷されたような扱いなんですよね。
実際には降格ではないし、単身の手当がつくから給料的にはアップなのだけど。

目立たないし何やってるか分からないから飛ばしちゃえと。。。

今年は、私より入社が後の同い年の社員に昇級を越されました。
部署が違うので昇級の判断する人も違うのだけど…。
業務遂行力は負けていないと思う。不公平感。

とにかく営業畑にいる限りは、自己アピールが上手で
媚を売れる社員でいる方が有利な様です。
そうでなきゃ甘んじて新婚でも転勤を受け入れなきゃならないらしい。
つくづく、私には向いていない。


ずっとこらえてきた本音

面談の終わりに「何か他にコメントある?」と聞かれて。

「いつまでこの状況(単身赴任)続くんでしょう…」
とぼやいてしまった。


上司もこの件については同情しないと決めたようで

「それはさ、今後の希望業務シートに書けばいいし、
 さっき話したみたいに、しっかり自分を目立たせるように頑張ればいいよ。
 早く動かしてくれってすがるのはやめた方がいいよ」


…(涙がこみあげる)。

いつ私が人事異動にたてついたんだよ!!
黙って受け入れたじゃないか!

そんなことを言いたかったが、既に声が震えていたので
グッとこらえました。


もうこれ以上上司を困らせる訳にはいかない。
単身赴任の負担を減らせるように一生懸命動いてくれたんだもの。

もやもやは、ここにだけ吐いておこう。



会社って、ほんと理不尽で納得いかないことばかり。
こうなったら、成果出して実力で示すしかない。

静かに私の闘争心をかきたてられました。
きっとすぐ弱気になると思うけど…(笑)
今の気持ちを忘れないように。