妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

やりがいの搾取

お疲れ様です。出張2泊目。今日は帯広。
同僚と飲みに行く気分にもなれず、一人でスープカレー探索してました。

あまりネガティブなことは書くまいとは思いながらも…
今日はゴメンナサイ、なんだか居たたまれない気分になってしまいまして
ちょっとだけ愚痴らせて下さい。。。


今日の夕方、野外でのハードな仕事で疲れ切っていた頃に電話がありました。

「おつかれさまー!今いいかな?」

はて、何でしょう。
緊急案件で無い限り、メールでの連絡の方が多い私の上司ですが
どうかしたのかしら。急ぎの連絡事項?

「前言ってた、海外出張の件なんだけど…」

実は、半年以上前…昨年からちょっとフラれていた案件で
ヨーロッパ出張の打診がありまして。

東京本社や研究系の選ばれしエリートさん達は
海外出張の機会が時々あるのですが、我々の様な現場部隊には滅多にないチャンス。

いつか、海外とか国際部門で働くことを夢見て
私が長いこと励んでいた英会話の学習成果が試される時ではないか!と。
ヨーロッパに行けるなんて、仕事の士気も一気に高まりますよね。

ただし、打診があった時も確約されるものではなかったので
何とか人選に乗るように、一生懸命働いてきました。
どうか選ばれますように、選ばれますように…。

なのですが、今日の電話口の上司の口ぶりからすると、どうも雲行きが怪しい。


「…まんまるが行く可能性が五分五分って言ってたよね?
 内部で検討して紆余曲折あったんだけど…結局○○に行ってもらうことにしたよ」

ですって。あっけなくヨーロッパ出張話は立ち消えになりました\(^o^)/

結局選ばれたのは、ベテラン社員の同僚でした。ちなみに英語はしゃべれない。
まあ、紆余曲折の間にどんな横槍が入ったのか、
なんとなく想像つく部分もあるんですけども…


今回のミッション遂行のために適任だとは思うのですが、なんだかなあ。
出張に際して通訳さんが間に入るということになり、
語学力抜きにしていえば、私よりもふさわしい人選だったのは
最初から分かりきっていたことではないのか?

なのに今まで決め切れていなかったのは何故?
てか決まったのは今日でなくてもっと前だったんでしょ?
どうして今日まで言ってくれなかったのかしら。
五分五分と言いながら私が選ばれる可能性は1割以下だったのでは?
そんな風に疑心暗鬼にならざるを得ません。



上司に可能性があると言われたからには、その出張の可能性に備えて
ある意味、プライベートを少し犠牲にしていたところもあります。
特に、妊活とかね…!!
半年以上も貴重な月日をセーブしてたんだぞ。
ホント腹立つな。

ヨーロッパ出張の打診は辛い新婚別居生活の心の支えにもなっていました。
なのに半年以上も勿体ぶられて
ぶら下げた人参を食べる直前で取り上げる、
こういう期待の裏切り方は色々なやる気をそいでいきますね。



「まあ、まだ他のワークショップとか機会はあるだろうから
 それまでしっかり英語力を磨いておいてよ!」

「…はあ、期待はせずに頑張ります…」

電話口で明らかにガッカリしている私の心境が伝わったらしく
上司も他に言葉が見つからないのか取り繕った様なフォローをします。

「俺も初めて海外出張行ったの38歳だからさ!」

励ましなんでしょうが、まるで私が今海外出張するのが時期尚早とでもいうような…。
アラフォーになるまで減私奉公でチャンスを待てってか(笑)
今から上手く子供授かったとしてもとても長期出張なんて出来ないわ。
無理ムリ無理ムリ…。

外国人の方とご一緒することがあれば
上司や同僚に英語力を頼られて話をつないだりしてきました。
頼られるのは嬉しいし、出張メンバーに選ばれるアピールでもあった。
今となっては…都合の良い駒の様に使われてきたんだなと思うと
悲しい気分しか残りませんね。

これはまさに、搾取ですね!

f:id:tsumatan:20170801214947j:plain
※NEVERまとめさんよりお借りしました

やりがい?モチベーション?私が搾取されたものはそんなところ。
単身赴任が決まった時だってそうだし、
会社の上の方々にはこれまで散々裏切られ続けてきました。


もう上の人のぶら下げる人参にはなびかない!


まあいいや、これで妊活にもう少し舵を切れそうです。
もう利用されるだけの働き方はやめよう。
愚痴はこの辺にしておきます、ちょっとだけスッキリ。

9月の連休付近にでもちょっと長めに休暇をとって
自腹でヨーロッパ旅行にでも行ってこようかな、嫌味でこれみよがしに。