元単身赴任妻の日記

「妻は単身赴任中」から出産を機に別居解消しました。

マネーリテラシーを高める

私の勤め先は、企業型の確定拠出型年金を導入しています。
会社からの拠出金と希望により給与からの掛け金で運用するシステム。

年に1回、手出しの拠出額を変更できるのですが、先日その案内がありました。
この制度が出来てから久しいので、皆様よくご存じの通り
自己拠出するとその分が社会保険料の算出時に外されるのでメリットがあります。
なので、家計に余裕があるのならやっても良いかもしれませんね。

今のところ、私は自己拠出をやっていません。
だって、定年になるまで資金拘束される上に、イケてる投資商品がないんだもん。
加えて、iDeCoも不可なので社外のラインナップから選ぶこともできず。
まあ、数千円くらいなら自己拠出してもいいけど…今回も見送りかなぁ。

世の中の人たちはどのくらい401Kを意識的に運用しているのだろうかと思い
企業年金連合会というところの調査データを見てみました。
今年の2月に発表された、令和元年度のとりまとめ。

f:id:tsumatan:20210730153512p:plain

-5%以下が意外と多いのが気になる…欲を出して失敗したか!?
ボリュームゾーンが0%~2%で、全体の平均は0.6%だそう。

バッチリ、私の運用利回りもほぼ平均並み\(^o^)/
勤め先の想定利回りの3%には遠く及びません。
長らく定期預金に全突っ込みしていたせいです。

実際に、元本保証型の商品を選んでるのが半数ほどみたいですしね。
日本人の保守的なところがこのデータから垣間見えます。

こういう事を考えられるくらいには、私のマネーリテラシーも向上してきたかな。

これまで日経WOMANでマネー特集があるたびに購読してじっくり読みこんでました。
数年前と比べたら、記事の内容も少しずつ変化してきましたよね。
以前はリスクが怖い人向けに、お得な定期預金などのトピックもあったのが
だいぶんNISAやiDeCo中心とした投資に関する話題が中心になってきました。
今のご時世、預貯金だけにしている方がリスクなんだよな。

こういった話は、社会人になるまで教わったこともなかったし
自分で意識的に知る努力をしてようやく分かってきたという感じ。
世の中もだんだん資産運用を重んじる雰囲気は出てきたけど
もっと早くから色々なことを知っておけばよかったなあと思います。

子供にはおいおい、マネー知識はつけていきたいです。