妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

新生児訪問

先日、住んでいる自治体の活動一貫で、助産師さんの自宅訪問がありました。
主な目的としては、母子の様子見と育児の相談です。
今住んでいるエリアでは全戸訪問することになっているそうな。


体重チェックをして子供の生育をみたり、健康状態をチェックしたり。
他には子供のことや育児全般で気になることを相談に乗ってもらったり。
事前のアポの段階でも「何か分からないことはありますか?」と聞かれており
とりあえずは訪問時に質問しようと思って聞きたいことを整理しておきました。

東京に戻ってきた際にも、自治体による妊婦の保健師面談を受けたのですが
私が妊娠後期であとは産まれるのを待つのみ、みたいな状態だったのと
妊娠中通して特段身体面の不調もなかったので大して相談することもなく。。。
産後の小児科情報とか自治体の育児支援について聞くだけにとどまりました。

そして出産した産院での2週間検診、1か月検診でも医師や助産師さんに
相談する機会はあったもののアッサリとした回答で終わってしまいました。

なので今回の助産師面談もあまり期待はしていなかったのですが…
ガッツリ2時間ほどかけて色々相談に乗ってもらいました。

我々がぶつけた相談事はこんな感じ。
・スキンケア(湿疹とか乾燥とか)
・睡眠のこと
・授乳のこと

それぞれ細かく質問させてもらったのですが、
どれにも丁寧に回答してアドバイスをしてくれました。

一番の悩みどころである寝かしつけに関して、本当に色々な知恵をいただきました。
特に、授乳については、実際に母乳を与えながら、
姿勢とか、所要時間についても言及してもらって。本格的!


こんなに親身に指導してもらったのは出産時の入院中以来です。
入院中ですらここまでは時間かけてくれなかったかなあ。
全然期待してなかっただけに、大満足です。
自治体のサービスも捨てたもんじゃない、てかどんどん活用しないとね。

助産師さんのアドバイスを参考に、早速ベビー用品店でお買い物。

f:id:tsumatan:20180721171141j:plain頭皮の乾燥対策と、ぐずり対策。

今後は保健所で定期的に学級とか、育児相談もできるみたいなので
積極的に利用されてもらおうと思います。