妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

大物の断捨離に着手し始めた

先日、粗大ごみの回収を依頼してみました。

やはり異動・引っ越しシーズンのこの時期は利用者が多いみたいで
受付のコールセンターに中々電話がつながりませんでした。
すんなり回収は直近の日で受けてもらえて良かった。
粗大ごみの処理券は売り切れてるお店もありましたけどね。


手始めに大きめのゴミ箱とアイロン台を処分。
アイロン台は夫が持っているものを東京で使います。

f:id:tsumatan:20180321232746j:plain
2台も必要ないので、私のものは手放します。

そういえば、北海道来てほとんどアイロンがけやった記憶がない。。。
アイロンが必要な服あまり着てなかったからかなあ。
これもある意味ではシンプル生活へのヒントなのかもしれない。
だけど、夫がアイロン必須なのでとりあえず1つは残しておかねばね。


ごみ箱は写真が無いけどペダルオープンの蓋つきでした。
子供の紙おむつを捨てるのにちょうどいいかな~とも思ったのですが
夫に新居への持ち込みを却下されてこちらも手放すことに。
まあ場所取りますからねー。
新居には24時間OKのゴミ置き場あるみたいだからなんとかなるか。

自宅にある処分対象品はまだまだあるので、引っ越し前までに
少しずつ大物たちを処分していきます。
これで引っ越し時の荷物搬出作業も楽にはなるはず。

会社で今後の処遇決めてくれなかったのもあるけど…
もうちょっと早めに粗大ごみ片付けておくべきだったな。
ここにきて肉体作業が本当に辛くなってきました。
油断するとすぐお腹が張っちゃう。
夫にも手伝ってもらいながらやるしかないね。



ところで、札幌市は燃えるごみ・燃えないごみが有料化(袋代として)されているけど
ペットボトルや廃プラは無料だし、古紙も無料回収があります。
分別さえしっかりすればさほどお金をかけずにゴミ処理できるんですよね。

まあ粗大ごみの処分はある程度コストかかるけど
一見捨てにくいものも、調べれば無料で引き取ってもらえるシステムがありました。
さすが札幌。リサイクルには力を入れてるなあ。

じゅんかんコンビニ24|株式会社マテック


ここに持ち込めば小型家電も処分できるのか…。
使い古したデジカメやオーディオ、ラック、鍋なんかは持って行くことにしよう。
しかも重量に応じてポイントがついて商品券に替えられるなんて。
もう少しこの存在を早めに知りたかったなー。

あとは、新居には置き場がないであろうデスクなどの家具類。
これらは無料回収はやってないんですよね。
一度ダメ元でリサイクルショップに査定を依頼してみるかな。

その前に棚や机に目いっぱい突っこんでいる小物類を整理しなくてはね。


【関連記事】