妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

マザーズバッグを買おうかと

自分でもやや財布の紐が緩んでいるのは自覚しておりますが
新生活と子供が生まれるのを機にどんどんお買い物モードになっています。
危険危険!油断してるとホントに産前産後ってものが増えていくね。

物欲(というか必要に駆られて?)とのせめぎ合いの中、
マザーズバッグの購入を検討しています。

しばらくは東京で育休をとることになりますので
子供を連れての移動は基本的に公共交通機関を使うこととなります。
持ち物も増えるでしょうし、できるだけ持ち運びのストレスをなくしたい。
加えて、あまりマザーズバッグ然としているものは避けたいなと。
具体的にはかわいいアニマル柄とかキルト生地みたいなもの。
マザーズバッグの用途以外でも使い回せそうなものが良いです。

それで、手提げバッグにするかリュックにするかで悩んでいます。

候補はこのあたり。
どちらもマザーズバックとしてよく名前を聞く商品です。

まずはロンシャンの手提げバッグ。


このバッグは軽くて容量も大きくて、マザーズバッグとして
愛用している人もたくさんいるようですね。
使わない時は手帳サイズに小さく折りたためるのも◎。
高級なエコバッグみたいですね。

既製品でも十分オシャレだとは思うけど、
なんでも表参道の店舗にいくとバッグの色や持ち手部分、さらに名入れなど
カスタマイズオーダーができるそうです。
これ聞いたらやりたくなってしまう自分がいます…(笑)

ただなあ、手提げバッグは今でも使ってはいるんですけど、
ずっと肩にかけてるのって移動中ずり落ちたりとか、複数個持ち歩くには
ちょっと動きづらいかなとも思ったりしています。
私が東京行き来する時は手提げバッグ+ゴルフバッグを両肩に下げているので
なんというか不格好なんですよね。肩にアザできたりすることも。。。

お値段もべらぼうに高いわけではないけど、もうちょっと安ければとも。
カスタマイズがもう少し安価なら即決したかもしれないなあ。


もうひとつはこれ。

おなじみ、がま口リュックのアネロ。アジアの国々で大人気らしい。
そこそこお値段も手ごろで日本のブランド(中国製)ってのが受けるんですかね。
夫の話だと、職場にアジアの某発展途上国から研修に?来てた人が
来日直後にアネロを買いに行って出張2日目から使ってたらしい…(笑)

このように…
流行っているのは知っていたのですが、流行りすぎてなんとなく避けてました。
札幌駅横のヨドバシにもたーくさん並んでいるんですもの。

が、こちらもマザーズバッグ(リュック)としておススメされることが多いようでして
突如候補のひとつとしてあがることとなりました。。。
ベビー用品店にもフツーに置いてあるくらいなんですよね。
十分な容量があって、中身が見やすく、サイドにファスナーがあって便利とか
メリットは色々あるようです。
リュックの方が両手があいて持ち運びは楽ではありますよね~。

一方でネットの口コミを探してみると、このがま口が開け閉めしづらいとか、
他人とかぶりすぎてダサいとかネガティブな意見もちらほらあるんですよね。
確かに私もそれは同感だな。


お上品なロンシャンか、大衆向けなアネロか。悩むなあ。
悩んだ挙句どっちも買う可能性もありますが…(笑)
夫とも相談して決めたいと思いまーす。

同時並行で、物量コントロールのためにガツガツ断捨離も頑張ります!