妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

遠距離婚の妊活について

妊活はつらいよ

数か月前から、現在進行形で、妊活系の個人ブログを色々見ています。
別居婚のままですぐに子供なんて出来ないだろうと思っていましたから、
ゆるーく妊活や不妊治療の情報、口コミをチェックしておくつもりで。

アメブロさんなんかは、公式カテゴリになってて、たくさんの経験談
まとめて読めるのでよくお邪魔してます。
自分が妊娠分かる前から追って見かけていたブログもあり、
なんだか応援したい気持ちで今でもいくつか拝見しています。

色々な方の日記を読んでいると、本当に私にも推し量ることのできない程の
苦悩や辛い思いをされている方がたくさんいるんだな…と知りました。
不妊治療って、金銭的にも体力的にもダメージ大きくてホント心を病みますね(>_<)
そりゃ、周りの妊娠報告にもブルーになるし、呪いたい気持ちにもなるな…と。

私のような二足のわらじ的な妊活の取り組み方でブログに参加したら
大炎上してしまいそう…などとアメブロさんを覗きながら思いました…。

 

サクラ先生が教える! コウノドリ 妊娠・出産 Q&Aブック

サクラ先生が教える! コウノドリ 妊娠・出産 Q&Aブック

 

 ↑先月までドラマやってて、第1作は見てなかったけど
自分のこととなると関心度合いが高まって興味深く視聴してました。
この本、パラパラ読ませてもらっただけですが、妊活のことから
医学ベースの基本を分かりやすく書いてあって良い感じでした。

遠距離妊活は可能か

子供が早く欲しいと思っているのに
遠く離れたままで妊活するのは明らかに、どう考えたって不利です。
正直、おススメしないし、近くに居れるならそれにこしたことはない。
すぐにでも子供を授かりたいなら、確率を上げたいなら
遠距離を解消するのが一番の方法だと思います。

だけど、可能性はゼロではない。本当にやれることは限られるけど。
今の仕事を捨てる勇気の無い私は現状維持で細々活動してました。


あくまで、私一個人の経験に基づくものなので保障はできないですが。。。
今思えば、妊活に役立っていたのかな?ということ。

それは体づくりです。

漠然としていて申し訳ありません。
遠距離のまま日々出来ることはこれくらいしかなかったです。

もともと、ウエディングドレスをキレイに着るために
挙式前ダイエットでジムに通い始めました。
恥ずかしながら、それまでの私は食べること大好きで運動不足な生活でしたから
ウエディングサロンでもブライダルエステでも苦笑いされる状態でした。。。

あの数ヶ月は我ながらよく頑張ったと思います(笑)
ダイエットは挙式までに何とか納得できるレベルまで達成できました。

てことで本来のジム通いも目的は成し遂げられたものの
体重が減っていくのが面白くなって、単身赴任生活の暇つぶしとして
そのままずーっとジムへは行っていました。
中々減らなかった体重が、社会人になる前のレベルまで戻って感動。
体動かすのって楽しい!

体重を減らしたかったので、筋トレを数種類やった後に30分かるくランニング。
これを私のジムでのタスクとしました。
特に義務感はなくて、ランニングマシンの上でTV見ながら楽しくやってましたよ。

その結果、MAXで30%を超えてた体脂肪率は10%ほど落ち、BMIも21程度に。
数値として成果が見える化されると励みになりますね。
妊娠の可能性を高めるためには適正な体脂肪率BMIが重要とのこと。。。
要は太りすぎ痩せすぎはダメってこと。
このあたりはネットで検索かけていただければ。

意識してやってたことってこのくらいかな。
だけど妊活の為というよりは単なる運動不足解消でしたし、夜更かし気味だったし、
お酒はそこそこ飲んでたし。
基礎体温測ったり葉酸サプリ飲み始めたのも結構後でした。
頑張って帰省もしてたけど、タイミング取るのも月1が限界でしたよ(汗)
本気で妊活してる人に怒られてしまいそうです…。

ホント、別居婚だと出来ることは限られます。
高度生殖医療を受けるのだって物理的に難しいですからね。
ジムの会費と帰省の交通費にはそこそこお金つかったけど、
体外受精とか何度か受ける程のコストではなかったかな…と。

最後に

改めて言いますが、妊活において遠距離は超不利です。
同時期か私より後に結婚していった知人たちはもっと早く子供授かってましたから。
私も、もうしばらく妊活頑張って成果がでなかったら、
病院通いも見据えて転職することも本気で考えていたと思います。

私はお金を出せば受けられる不妊治療にすら頼れる状況でなかったので
まずはお金のかからないことからコツコツと…が功を奏して本当に幸運でした。
今でもずっと、神様からの贈り物だと感じています。
あとは、無事に出産までたどりつくことを祈るのみ(>_<)

ただでさえ辛い妊活。
さらに遠距離ですから、なかなか授からないとホント心が折れそうになります。
同士の方々も同じ気持ちなはず。
偉そうに語るつもりはないですが、一個人の経験談としてここに残しておきます。

ご精読、ありがとうございました!!