妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

タイ・スワンナプーム空港での快適ラウンジ滞在

昨年9月の休暇に行った、タイ旅行ネタなのですが…
そのうちブログネタにしようと思っていたのにずっと忘れていました。。。
デジカメの写真整理をしていてようやく思い出しました。

間があいて忘れていることもありますが、記憶の限り残したいと思います。



私が国際線乗る時の基準はなんといってもスターアライアンスであること。
むしろスタアラが飛んでるところから旅行先を選ぶ、みたいな(笑)
それに航空券の安さと、休暇日程からスケジュールを考えます。


で、タイといえば、キャリアフラッグであるタイ国際航空
こちらも当然ながらスターアライアンス加盟です。
私の旅行の候補として大いに可能性があります。乗り継ぎでもOKですよと。

今回は、タイ航空でバンコク乗り継ぎのサムイ島への旅行でした。

まあぶっちゃけバンコク―サムイ間はバンコクエアウェイズでマイルつかなかった、
そして日本からの飛行機もマイル積算対象外という悲しい結果でしたが
スタアラゴールドとしてのサービスは出来る限り享受してきました。

日本出発の際はもちろんANAの国際線ラウンジでカレーやラーメンを堪能。
もうこの辺が上級会員の恩恵としてはピークだったのかもしれません。
後になって思えばね…。


折角ですから、しょっちゅう行かない海外のラウンジも経験してみたいよね。

てことで、事前に乗り継ぎ空港であるタイのスワンナプーム
ラウンジ情報をチェックしておきました。
当然、こちらをハブにしているタイ国際航空のラウンジがイメージとしてあります。

しかしながら、我々の様なエコノミー利用者向けのタイ航空のラウンジは
設備が古いとか混んでいるとか口コミに書かれていたのもあって、
他にもっと良いところはないかと探っていました。

ちなみに、タイ航空のファースト・ビジネスクラスはまた別のラウンジがあって
スパを受けたりなどの特別サービスがあるとのことです…うらやましい…。


結局、私達が利用したのはタイ航空ではなく台湾のエバー航空のラウンジです。
口コミにもここが一番良い!と書かれており評判でした。

今回エバー航空全く使ってないのに、スタアラゴールドというだけで
利用することができるんですね、知らなかった。
他にもスタアラで使えるものとしてはシンガポール航空もありましたが
以前使ったことがあるので、今回はエバーで。
f:id:tsumatan:20171228003408j:plain
外観はこんな感じ。クラシカルな台湾のイメージとは異なり、
ネオンや電装がキラキラ輝いています。

f:id:tsumatan:20171228003439j:plain
ラウンジの中もとても近代的で宇宙空間の様でした。
深夜便だったからか、席もほとんど埋まっておらず、ガラガラ。

f:id:tsumatan:20171228003456j:plain
ビールサーバーはシンハーではなくハイネケンでした。
思った以上に欧米化していた印象。

f:id:tsumatan:20171228003523j:plain
食事は、タイということでココナッツジュースもありました。
他にはピザやサンドイッチ等のバンコク向けなメニュー。

f:id:tsumatan:20171228003544j:plain
その中でもちょこちょこ東南アジアらしさが取り入れられており、
置いてあったマンゴーアイスを手に取りました。旨い。

f:id:tsumatan:20171228003610j:plain
白菜&冬瓜スープやおかゆなども。このあたりは台湾っぽいですね。
やさしい中華で、タイ料理続きだった私達にとってはありがたかった。

以下はラウンジ内のファシリティ。

f:id:tsumatan:20171228003630j:plain
無料で使えるマッサージチェアもありました。

トイレもチェックです。

f:id:tsumatan:20171228003644j:plain
洗面台のハンドソープはなんとロクシタン!すごい。

f:id:tsumatan:20171228003700j:plain
女子トイレ全体像。
まだ築年数としても新しさを感じましたし、大変スタイリッシュな装飾でした。
清潔感も申し分なし。


エバー航空ラウンジには1時間ちょっと滞在して、
フライトまでの時間を有意義に過ごすことができました。
タイ航空のラウンジでなくて正解だったかもしれません。

スターアライアンスゴールドのみなさま、
スワンナプームにお立ち寄りの際は是非覗いてみて下さいね。