妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

届いた年賀状に凹む

しばらく札幌の自宅を離れていたので、
今頃になって届いた年賀状を確認しています。


単身赴任の方って…郵便物の届け先はそれぞれ設定されていると思いますが
私は全て現住所である札幌の自宅に届く様にしています。
東京の夫のところには私の郵便物・宅配物が届くことはありません。
ですので、私宛の年賀状も全て札幌に届きます。
夫のところには連名での年賀状がいくつか来ていましたが。




まあ前置きはおいといて、自宅に届いた年賀状をパラパラ見ていたんです。
SNSやらずに年賀状くらいでしかやりとりしない人もいるので
近況を知るには良い機会だと思っています。

その中にあった1枚の年賀状を見て、軽く凹みました…。

アラサ―女子?が年賀状であまり見たくないものの代表といえば
同世代の結婚・出産報告や子供の写真ではないでしょうか。
特に独身とか、中々子供を授からない立場にとってはダメージが。

まさに私の同世代が結婚・出産ラッシュのど真ん中にいますので
ご多聞に漏れず、幸せそうな写真入り年賀状がたくさん。
同級生だと3組は子供産まれました報告(2子以降含め)ありましたね…。
それについては微笑ましく思える心の余裕はあります。
私もとりあえず妊娠まではこぎつけましたしね。
てか今までだって年賀状くらいでダメージ受ける事なんてなかったけど。

f:id:tsumatan:20180110102805j:plain

凹んだ年賀状の送り主は、昨年退職した会社の大先輩から。

新人の頃に別の支店で面倒を見ていただき、
定年後も若手の世話の為にしばらく延長雇用で残られていました。
私にとっては父の様な方です。
新婚で転勤が決まった時も心配して電話をくれたりしました。

その方からの年賀状に添えられていたメッセージが…

「そろそろご主人と同居したら?
 近々(ウチの会社)大規模リストラありそうだし、チャンスかもよ?」

だそうで。

実際に今、私の会社で事業の統廃合の動きが出てきてまして
それに伴って人員削減があるんじゃないかと周囲で噂になってるんですね。

過去にもそういう事があったので、
その時は退職金を詰んで希望退職者を募ったりしてました。
自己都合で辞める分には何ももらえませんからね。
そのイメージから、会社辞めるなら今が得!って思われたのでしょうね。

ただ、↑のケースはあくまで噂で流れているだけで
手厚い早期退職募集なんてないと思っています。


昨年全体の会議で久々にその方に会った時にも
「もうこんなところやめて専業主婦なったらいいじゃない」とも言われました。。。

捉え方によってはセクハラとも思える発言ですが
これまでの付き合いから人となりを知っていますので
ただ単に親心として言ってくれた言葉だというのは理解できます。

自分の子供と同じくらいの年頃の女性社員が新婚早々単身別居なんて。
そんなの絶対やめるべきだ。
って感じですかね。

その人の価値観というか、おそらく世間一般的にはこっちのが多数かと。

他の社員さん達は「頑張れ」と言ってくれますが、あくまで他人事ですから。
自分の配偶者や子供が私と同じ状況になったらまた違った反応でしょう。
そういう意味では正直に私に意見してくれたんだなと思います。


だけど…だけど、辞めちゃえば?なんてやっぱり言ってほしくなかった。

私が単身赴任になって、苦しみながらやってきた日々を否定されるみたいです。
辞めるんなら、北海道赴任する前に辞めてるさ。
今まで何のためにクソみたいな処遇と闘ってきたと思っているんだ。
これからの女性の後輩の為にも使命感もってやってきてるのに、
軽々しく辞めたら?なんて士気を折るような事は聞きたくない。


などと、年賀状を読みながらモヤッとした気持ちになりました。
これを自分の親戚の連中に言われたらキレて噛みついてたかもしれません(笑)
一瞬お手紙で反論を返したい気持ちにもなりましたがグッとこらえます。


これまで大先輩が送ってきた社会人人生と、
私達がこの先迎える働き方の在り方は大きく違うんです、間違いなく。

時代も変われば価値観だって変ってきている。
男が家長として父として、家族全員を養うスタイルも
これから当たり前でなくなるかもしれない。

その考え方を否定はしないけど、私は選ばない。

幸いにも、私は夫も義両親も今の別居婚に強く反対することもなく
ポジティブに捉えて応援してくれています。
彼らの理解がなければ今の私はありません。
もしこの大先輩が夫の親だったら…私は会社辞めさせられていたでしょう。

先輩社員の意見は世間多数派の考え方かもしれないけど、
理解を示してくれる人がいるということは、私は恵まれているということ。
私はラッキーだ。

…そうでも思わないとやってらんないよ。


大先輩の言葉は決して悪意のあるものではありません。
ひとつのご意見として、自分の中にとどめておきたいと思います。。。
また次回年賀状を出す時は、「大したもんだ」と言わせるくらい
頑張った(図太い?)姿を見せられればいいかな。


以上、ぼやきが混じりましたが、新年の頭ということで弱い心に喝。
気合を入れて単身生活を乗り切ります!