妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

初めてポロネギを料理してみた

道内出張で出かけた所の近くにあった道の駅でポロネギを見つけました。

f:id:tsumatan:20171210004525j:plain

正式名称は、リーク。

たまたま仕事先の人に聞いたのですが、最近ポロネギを産地化しようと
栽培に積極的に取り組んでいるそうです。
洋食屋さんの需要はそこそこあるものの、国産の存在が知られてないようで
輸入物に頼ってしまってるとのこと。
国産だと手に入りやすいですし、農家さん的にも儲かるんだろうで。
こういう新しい目線の取り組みは素敵だと思います。

そんな前提があって、良いタイミングで売り場で見かけて購入。
ポロネギというとフランス料理しか思いつかないんですが
せっかくのレア食材ですから、美味しく食べたい。

てことで、ポロネギを使う定番メニュー、ビシソワーズに挑戦。

f:id:tsumatan:20171210004539j:plain
きれいなメークイン。使いやすい大きさ。そして安い。
小さめサイズだったので4つ使います。

f:id:tsumatan:20171210004549j:plain
皮を剥いて、ポテトチップス状の輪切りスライスに。
灰汁をとるためにしばらく水にさらしておきます。

f:id:tsumatan:20171210004601j:plain
注目のポロネギは1本、まるっと輪切りにします。
こうしてみると白ネギよりちょっと太いネギってだけで、ポロネギってわからないな。
香りもネギそのものです。

f:id:tsumatan:20171210004611j:plain
バターを溶かして、刻みにんにく、ポロネギとジャガイモを軽くソテー。
ネギの香りが結構強いです。

f:id:tsumatan:20171210004623j:plain
ネギがしんなりしてきたら、お水をワンカップとローリエとブイヨンを加えて
グツグツ煮ていきます。

f:id:tsumatan:20171210004638j:plain
ジャガイモが木ヘラで崩れるくらいの柔らかさになったら
火を止めて、冷ましながら荒熱をとります。
ローリエはこの段階で取っておきます。
後で味見したところ、結構ローリエの風味が強くついてました。

f:id:tsumatan:20171210004650j:plain
実は、数年前に会社の福利厚生のポイントで貰っていたミキサー。
もう何年も使っていなかったのですが、久しぶりに引っ張り出しました。
使用頻度からいえば、断捨離対象の結構上位なはずなのですが…。
もうしばらく様子見。

クタクタに煮たスープの素を全部投入~。

f:id:tsumatan:20171210004703j:plain
さすがミキサー、あっという間にペーストになってしまいました。
より口触りよく、本格的に仕上げるには裏ごしした方がいいのですが
一人で食べるだけなので裏ごし作業はスキップします。

寒いので今回は冷製でなくて、温めていただきます。
ミキサーでペーストにしたものを鍋に戻して、牛乳で延ばしていきます。
2カップくらいで良いと思いますが、ここは味を見ながら。
塩も少しずつ加えて調整します。

f:id:tsumatan:20171210004715j:plainできあがりがこちら。
ビシソワーズには、オリーブオイルを垂らして青ネギをちらしました。
チーズ入りのバケットと、お惣菜のロールキャベツを添えて。

初めて作った割には上手に出来上がったと思います。
ツブツブ感が残っているのはご愛敬。
ネギの風味は想定よりは控えめだった気がしますが、上手にまとまりました。
なんというか、土の中の栄養分そのままいただいてる様な味。
意外と腹にたまるので、食欲があまり無い時の食事代わりにも良いかも。

またポロネギが手に入ったら作ってみようかと思います~。
今度は夫にも作ってあげよう(^_^*)