妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。現在休職中。

名義変更手続きはもうコリゴリ

新婚女性あるある。

私の職場は事務員さん以外男しかいないので、
入籍後の書類の手続きが如何に煩わしいかというのを
中々分かち合うことができなかったのですが、

今年の春に事務員さんがご結婚されて、この話題について
「やっぱりめんどくさい!」と共感することができました。
女性はみんな苦労してるよね…。

私も引っ越しに伴う住所変更に加えて、名義変更の手続きもずっとやっておりました。
通販とかポイントサイトとか、重要度の低いものはまだ手を付けてませんが
銀行、クレジット、パスポート等、公が関わるものから急ぎで。

これらの変更手続きに半年くらい手を煩わせていたのですが
とりあえず早めに変更すべきものは全て終わったよね…?
と、思っていました。

ところが、定期的に届く確定拠出年金の積み立て残高のお知らせに記載されている
住所が東京のまま、そして宛名は旧姓のまま。
あれ?おかしいな。確認してみることに。

ざっくり書くと、私の会社で積立している確定拠出年金は、
口座のある証券会社と、社員と証券の受け渡しをする管理会社が関わっていて
運用レポートやこちらの個人情報など、連絡事項は管理会社を通すことになっている。

その管理会社へは一連の手続きを済ませていたのですが
証券会社にもこちらから直で変更手続きを入れないといけなかったらしい。

なるほどね、通りで管理会社からのお知らせは新しい住所氏名になってるのに
証券会社からのお便りは変更されてなかったのか。
てか何で二度手間なんだよ…。
必要にしても管理会社から何の案内もきてないし!

引っ越して1年弱。もうすぐで郵便局の転送サービスも終了してしまいます。
そろそろ手続きしておかねば。

証券会社のカスタマーセンターに電話して、
住所変更の旨を伝え、変更届を郵送してもらうことにしました。
こういう税金の計算が関わる書類は、住所変更にしても
マイナンバーをお知らせしないといけないんですよね。

そういやマイナンバーカード、新姓になってたな…。
電話窓口には住所変更しか伝えてなかったけど、名義変更も必要だな。
とりあえず、変更届に氏名の変更があることも書いておこう。

書類を埋めて、マイナンバーカードのコピーを添付して
しれっと証券会社に送ってみたのですが、
名義変更するのにマイナンバーカード以外に
別途証明書類が必要とのことで返却されました。

「お手数ですが不足の書類をお送りください」
 

まあ、あれですよね。

f:id:tsumatan:20170905124905j:plain
新・旧氏名が分かる書類。
しかも発行6か月以内というと、私にはもう戸籍謄本しかありません。

証明書類として戸籍謄本を用意するのは最後の手段にしたい!
役場から取り寄せするのがメンドクサイんですもの。

夫の本籍地に私の戸籍も移しているのですが、そちらの自治体さんが
戸籍謄本だけはマイナンバーカード使ってコンビニ印刷対応してません。
古典的な方法に従って、小為替を同封の上申請書を送らねばならぬ。
窓口に行ければいいけど、遠隔地の為往復の郵送料もかかる。

まあ、またこんなことがあろうかと思って
以前取り寄せた時のコピーを保管していたんですよね~。
発行日が3月だったので結構ギリギリ。

早速返送されてきた書類と一緒に戸籍謄本のコピーも送っておきました。
多分これでもう不備だとか言われることはないでしょう…!
さすがにもう戸籍謄本とか求められること無いよな??
もうこんな手間ひまかけたくないよ。


変更手続き一覧のリスト、必要ですね。
これからご結婚される女性の方は用意周到に!


【関連記事】