妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

消えたクレジットカード

今日は懺悔日記です。

社会人になってというか、人生初めてクレジットカードを紛失してしまいました。
私がプライベートで使っているのはほぼANAカードのみ。
最近SFCに切り替えたばかりの。


この前、新千歳から羽田に飛んだ時に、スキップサービスでかざしたところまでは
確実に使ったと覚えているのですが、
多分飛行機に乗って荷物を積むのにバタバタしていて
とっさにポケットかどこかに入れたまま、財布に仕舞い忘れたのでしょう。
カードが無いと気がついたのは翌日の昼過ぎ。


なんと愚かなことでしょう。
ふとした一瞬の気の緩みが招いた大失敗。
カードひとつにも気を配れないほど疲れていて余裕が無かった。
帰省するまでのスケジュールが過密すぎたんだよな。
これは反省せざるを得ません。


財布に入っていないと気付いて衣服のポケット、カバンをひっくり返しましたが
カードはどこにもありません。。。
ANAの忘れもの問い合わせ窓口や羽田からの鉄道やホテルなど、
私が居たところには全て問い合わせしたものの、どこもなしのつぶて。


会員番号は切り替え前から一緒だったので
SFCになる前の一般カードをいまだにズルズル使っていたのですが
その一般カードが行方不明に。
まだキレイにとってあるSFCカードはあるんですけど
知らない人の手元に渡って悪用とかされたら怖いですし、なんとかしなくては。



結局、何の手ごたえも無いまま警察に遺失物届を出してきました。

f:id:tsumatan:20170808003110j:plain
これがあると、もしカードを拾われて悪用されても保障されやすくなるそう。

お巡りさんにも「早くカード止めて下さいね!」と言われたので
交番に届けた後で三井住友VISAにカード利用停止の連絡を入れました。

とりあえずカードを止めて、数日のうちにどこかで見つかるんじゃないか…。

と、思っていたら。
三井住友VISAは一度カードを止めてしまうと同じ番号は使えなくなるそうですね。
オペレーターさんが「再発行手続き進めてよいでしょうか?」とすかさず対応。
カード見つからないとどうしようもないなら、もう観念するしかない。
結局、再発行お願いすることにしました。

噂では再発行にも審査があるとか聞いていたのですが
特にそのようなステップを踏む様子もなく、
10日くらいで新しい番号のカードが届くようです。手数料は1,080円也。

お盆休み中にカード決済できないのが少し不便だけど
夫の家族カードもあるし、しばらくやりすごすしかない。

幸いにも、不審な利用履歴は残っていなかったようで一安心。
だけど、クレジット決済にしていた公共料金の支払い、またやり直し。
水道・ガス・電気全てクレジットの申し込み用紙を請求かけました。
ああ、メンドクサイ。

よくモノをなくすのは夫にも呆れられる私の欠点です。
ワザと無くしている訳じゃないんですけどね…きっと持ち物が多すぎるせいだ。
日頃の行動にも無駄が多くて余裕がないからですね。
これを反省に、自分の持ち物や生活を見直さねば。


【関連記事】