読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

そろそろ真剣に考えた方がいいこと

あまりブログで取り上げていないネタではありますが、
プライベートに関しては目下、一番悩ましいこと。
日々一人で考えを巡らせています。



遠距離結婚でぶち当たる壁のひとつ。
さて、子供のことどうしようか。


20代半ばくらいに第一次結婚ラッシュが来て、
多分今が第二ラッシュが終わったくらい。
一次ラッシュの時の子たちは、もう2人目出産くらいの時期にきています。

そして、ここ最近、私含めて1~2年居以内くらいに結婚した子達が
バタバタと第一子妊娠しているようで
その知らせに私自身も内心焦りを感じております。。。


結婚式が終わるまでは子供の事は全く考えてませんでしたが
(そんな余裕はとてもなかった)
無事に挙式が終わった今は解禁というか、一応自然体に任せるような形にしています。
が、遠距離って難しいよね。つくづく最近思います。




30~40代独身女性が読むと辛くなるらしい、『娚の一生』からのワンカット。f:id:tsumatan:20170426004422p:plain
このイラスト、悩める同世代女性の頭の中をよく表してて好き。

正直こちらの作品はフィクションですので
少女まんがの様な憧れの最終回だけども現実にはありえん!と思います。



以下、男性には若干生々しいかもしれませんのでスルーしてください。


月ノモノのおはなし。

毎月寝込むほどの腰痛や腹痛、気分の悪さに悩まされる方も多いと思いますが
私自身はそういった体調悪化は今まであまり経験がありません。

お腹がゆるくなったり、チクチク軽い痛みはあるけども
日常生活に支障を及ぼすほどではない。
煩わしさといえば漏れたり服を汚したり…の心配くらいですかね。

体調面の辛さが無いのは良いことだけど、
その代わりというかなんというか、よくサイクルがずれる!
精神的なものだったり…生活リズムが原因だったり。
なので月ノモノのタイミング予測が難しいのです。
海外旅行なんか行く時はちょっと困るよね。


みなさんご存じの様に子供を授かるにはタイミングを見計らうのが超大事。
世間的には良い時期での妊娠の確率って3割くらいらしい。たったの3割。

一緒にさえ住んでいれば機会を増やすことはまだ容易ですが
別居だと会える頻度も限られるし
一番妊娠しやすい時期に一緒に居れるかどうかが難しい。。。


こういう不利な状況の中、出来る限りタイミングを狙って
夫のところへ帰ったりしていますが、まあそう簡単にはいかないもんだね。


前回…10日くらい月ノモノがずれまして…。
「これはもしや?」なんてお酒も控えてソワソワしてたんですが
ただ単に遅れてきただけでした…(汗)


でも一度子供できちゃったら、また色んな壁に当たるんだろうな。
今後の人事異動についても。仕事の仕方についても不透明。
夫は保活のことをかなり気にしているようでしたが
私的にはまずは妊活でしょ!と思ってます。
まあ、保育園入れるかどうかも考えないといけないんですけど…
札幌残留か東京帰還かすら分かりませんしね。
単身赴任で不妊治療ってのも難しい話。

ああもう不確定要素が多すぎる。会社のアホ。


しばらくは今の生活ペースの中で自然体でいきたいと思います。


【関連記事】