読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

悩むのはやめてとりあえず寄付しちゃおうぜ

先週のヤフーニュースのトップにも見出しがでていましたが。
ふるさと納税の返礼品、ついに総務省のテコ入れがあるみたいですね。

ふるさと納税、返礼は3割上限に…総務省通知へ

読売新聞 3/24(金) 7:56配信

 総務省は4月1日付で、ふるさと納税の返礼品の価格を寄付額の3割までに抑えるよう求める通知を全国の自治体に出す方針を固めた。

  返礼品の金額の目安を設けるのは初めてで、自治体間で過熱する豪華な返礼品の競い合いに歯止めをかけたい考えだ。

  返礼品は自治体独自の取り組みのため、通知に強制力はない。総務省は逸脱する自治体に対して個別に見直しを求める方針だ。

  ふるさと納税は、自分の好きな都道府県や市区町村に寄付すると、寄付額から2000円を差し引いた分の住民税や所得税が控除(減額)される制度。地方と都市部の税収格差の解消などを目的として創設されたが、自治体が寄付獲得を目的に貴金属や商品券など高額だったり換金性が高かったりする返礼品を贈る動きが過熱している。

  総務省の調査では、2015年度の寄付総額約1653億円のうち、約4割が返礼品の調達・送付費用に充てられていた。


自主的に見直しをしているところもありますが、
ついにお上からの号令がかかるようです。。。

遵守義務も無いようですし、各自治体の温度差もあるようで
来月以降急激に返礼品のランクが落ちるってことはないでしょうけど
お国のトップからの通達であればこれに追随する市町村は増えるでしょう。


純粋に、返礼品目当てで元を取ろうとするような寄付は
なんだかなあという気持ちは依然からありました。
みんながハッピーになっている訳ではないというのも聞きますし。

どうあっても生まれ育った地元への寄付は続けたいと思っています。
色々な意見が今後も交わされるとは思いますが、
本格的に是正が始まる前に、寄付しておこうっと。



とりあえず、今年のふるさと納税申し込み第1号はこちらに。

f:id:tsumatan:20170328175601p:plain
大好物のトマト!これはごめんなさい、量で選びました…。
ハウス栽培のトマトは今が食べ時ですよ~。

本当は、地産地消で道内のトマトを申し込みしようかと思っていたのですが

f:id:tsumatan:20170328175635p:plain
こちら、発送時期が夏場らしい。北海道は栽培時期が違うのね。
それまで待ちきれないので、こちらは保留。
寄付額に余裕があったらまた申し込みしちゃうかも。


迷ってる間に、目を付けてた返礼品がなくなっちゃうかもしれませんよ!
とりあえず今からでも寄付してた方がお得…かも。
私も早速1件申し込みしました。

昨年は単身赴任による給与アップは3ヶ月分だったので
年収ベースでは大して上がったわけではありませんが
今年は1月からフルにアップなので、増税も半端ないです(恐怖)
上限ギリギリまで気合入れて寄付先探します。


【関連記事】