読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

なんだかんだテーブルウェアは好きな女子

機能的なキッチンツールやスタイリッシュな食器。
その他室内を彩るインテリアグッズって良いもの見つけると
テンションがあがりますよね。

こういう嗜好があるということは、
私もやはり女子的な感覚あるんだなあと思います。
その中でも陶器…焼き物って結構はまってしまいます。

 

焼き物、面白い

数年前のこと。
ゴールデンウィーク中に佐賀の伊万里に出張が入りました。
仕事自体はそんなに慌ただしいものではなかったのですが
「なぜ世間が休暇の真っただ中に…」とむなしい気分になったものです。

そんな私に、取引先の方が仕事を終えたところで
「折角ここまで来たんだから陶器市見て帰りなよ!」
と言ってくれたのでした。

伊万里も焼き物の街ですが、ほど近い有田は毎年GW時期に
有田陶器市なる一大イベントが催され、大変な賑わいです。

一応言っておくと私の仕事は陶器とは全く関係がありません。
そもそも焼き物なんて年配の人の趣味でしょ?
華やかな模様のほどこされた、高級陶器には興味が湧きません。
私が陶器市なんか見ても面白いのでしょうか。



まあ取引先の人も気を遣ってくれたんだし、少し覗いてみるか…。

ほんの10分とか15分くらい陶器市を覗いて帰るつもりが、
気が付けば2時間くらい経過していたのです。
そのくらい焼き物、見ていて飽きませんでした。不思議なことに。
しかもちゃっかり贈り物用の食器まで買ってしまってました…(汗)

そう、若者にはなじみのなさそうな伝統工芸ってイメージだけど
現代の焼き物産地って昔ながらの渋~いデザインだけでなくて
結構モダンな陶器もたくさんあるんですよね。


伝統的な模様の壺とか鉢にしても、よくよく見ると
ため息の出るような美しい色付けがされていて
ずーっと眺めていられます。

焼き物って、案外面白いじゃん!

 

モダンな焼き物を入手した

だけど、実際のところは…
今自宅にある食器といえば100円ショップやニトリのものばかり。
それはそれで不自由なく使っているのですが
美しい器にも心が惹かれます…。高いけど…!




そして最近ウチにやってきた、こだわりの食器がこちら。
f:id:tsumatan:20170308002603j:plain
有田焼です。鯛と鶴の小皿。
写真が暗くて今一つ良さが伝わらない気がするな。
この鶴は知り合いが持っているのを見て、ずーっと気になっていたもの。
同じ窯で作っている鯛と一緒に3枚ずつゲット♪

筆で書かれた表情がホントに細かくてうっとり。f:id:tsumatan:20170308002626j:plain汚いお部屋がバックでゴメンナサイ。
裏面までしっかり装飾されてます。細かな手仕事が本物感を出しています。
お祝い事に出すのにピッタリです。




もうひとつはこちら。

f:id:tsumatan:20170308002715j:plain
白山陶器の小鳥の箸置き。長崎県波佐見焼
こっちの方が有名かもしれない。
シンプルでデザインが可愛い!
シックな食器と一緒に出してもチグハグにならなそう。



f:id:tsumatan:20170308002736j:plain

お皿と箸置きを並べてみた。眺めてはニヤニヤしてしまいます。

 

気になるのはお値段

両方ともネット通販で簡単に手に入るのですが
やっぱりそこそこ良いお値段なのですよね。
お皿は1枚2000円くらいですし、箸置きも5個で3000円強とか。
前から気になっていて中々手を出せなかったのは値段の為でした。

でしたが!とーってもお得に手に入れることができたのです。





そうです。あれです。



ふるさと納税です。

鯛と鶴のお皿:有田町に20,000円寄付
小鳥の箸置き:波佐見町に10,000円寄付

これで自分の税金が控除される上に
こんなに素敵な工芸品を頂けるってすごくないですか?
普通に買う時の値段を知っていたので
返礼品の一覧を見て即決してしまいました…。
これだけの寄付でこんなに貰っていいの?と申し訳なくなるレベル。

食べ物などの特産品以外にもこういう名物がもらえるんです。
良いシステムだー。


地域振興にも貢献します

実は今度のGW、実家への帰省にくっつけて
ちょっと脚を伸ばして有田の陶器市に行こうと計画しています。
返礼品目当てだけでなくて、実際に現地に行って観光で金落とすよ!

数年ぶりだし、結婚したことだし、良いアイテムが見つかるといいな。
夫も興味があるようなので長々滞在しそうです。
あ~、ゴールデンウィークが楽しみ。

 

シンプル生活からやや遠ざかり気味…?

今までの一人暮らしで少しずつ集めてきた統一感のなかった食器類。
同居がいつになるか分からないけど、きちんと揃えていくつもり。
もっとじゃんじゃん断捨離を進めて物が減ったら、
作り手こだわりの逸品を家に取り入れていきたいです。