読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

札幌単身赴任の賃貸物件選びを振り返る

いつもこの弱小ブログをご覧いただいている皆様ありがとうございます。
スターやブログ村アイコンのクリック、励みになっております。

相変わらずアクセス数は大したことないのですが
最近異動シーズンが本格的になってきたからか、
引っ越し関連の記事がちょっとアクセス伸びてます。

f:id:tsumatan:20170307012745j:plain
↑グーグルアナリティクスより。


私自身、右も左も分からない状態で家探しをして住むところを決めたのですが
ようやく5ヶ月経過して、ひと冬北海道を生き延びたので
住んでみてから気づいた事も踏まえてちょっとコメントしたいと思います。


まだ1年通して住んでみないと分からないこともあるかもしれませんが
とりあえず、4月新年度を前に転勤が決まって不安な方の為に
ちょっとでも参考にしていただければと思います。
まだ札幌在住歴の浅い立場から書かきますよ。

部屋選びのポイント

以前書いた記事も参考にしてみて下さいね。
前申し上げたとおり、一番大事なのは

「冬の生活を想定して部屋を決める事」です。

私は真夏に家探ししたのでこの点が皆目見当もつきませんでした。
一応こっちにいる同僚にもアドバイスをもらって
住むエリア、マンションの設備は気にしながら選んだつもりだけど
実際に住んでみないと分からないこともあります。
今ならまだ雪残ってるから、ちょっとは想像つくかな…?


移住前に重視した点と実際の必要性

以下は、私が家を決める前に色々な人からアドバイスいただいて
こだわった条件です。
これらのこだわりが実際に住んでみてどうだったのか書きます。

・地下鉄の駅まで近い
冬は吹雪の中を歩くこともありますので
当初は、徒歩5分以内が良いと言われて、最寄から5分の物件にしましたが
まあ徒歩10~15分くらいまでは許容できるかもしれません。

というのも、運行本数が少なくて待つのが面倒、
運賃がやや高いというのもあり、結局徒歩通勤ばかりしてました。
地下鉄に乗るのは月に3~4回ほど…。

ま、私の場合は職場まで徒歩30分かからないくらいで
ちょっとした気分転換の運動レベルだったのでそれでも良かったです。
職場まで遠い人はもちろん駅に近いにこしたことはないかと。


・都市ガスの物件を選ぶ
希望通り都市ガス物件にしましたが、それでもそこそこガス代は高いです。
以前書いたように、札幌で都市ガス物件は全体の1~2割しかありません。

引っ越しシーズン真っ盛りの今、この条件を入れると
物件が全くヒットしない可能性もあるので他に譲れない条件があれば外しても。

大事なのは、プロパン暖房でないということですね。
燃料コストは高い方からプロパン>都市ガス>灯油
給湯やガスレンジがプロパンでも、暖房が灯油なら許容範囲です。

もちろんプロパンよりも都市ガスにこしたことは無いのですが、
給湯器のリース料なるものが月々のガス代に加算されるので
基本料金は内地でいうところのプロパン物件と同じくらいになります。
だいたいリース料金は1000~1500円くらいみたい。
リース料金無しの物件もあるらしいですが…事前に確認してみて下さいね。
ウチは都市ガスの暖房で毎月徴収されています…高いねえ。


 

・雪対策が楽な駐車場
車を持たない人には関係ありませんが、駐車場選びもネック!
ロードヒーティング、屋根付き車庫。
北海道を知らない転勤族には想像もつかない世界。
とりあえずこれくらいの設備はあった方が良いと思いますよね。

異動シーズンになるとこの手の物件は競争率が高いです。
それはそのとおりなんですが、地元民は結構青空駐車してます。。。
屋根なし、ロードヒーティングすらない。
大雪が降る度に雪下ろしして大変そうですが、慣れっこなんですかね。


私は幸運にも他の条件も満たす車庫付き物件にしたのですが
シャッター付き車庫は収納代わりにも使えてかなり重宝しています。

実際に住むまで気が付かなかったのが、駐車スペース周囲の環境
できれば駐車箇所までの通路にもロードヒーティング必要です。
もしくは定期的に除雪が入るかどうか要チェック。
駐車する所だけ雪無くても周りが積もれば出し入れできません。
私のは車庫前にロードヒーティングがなかったので
しょっちゅう雪かきをする羽目になりました…。
まあこのくらいは許容範囲かな…?

・備え付けの設備が充実
こだわって良かったポイントです。
特に単身赴任の身。一時的な一人暮らしの為にガスコンロや
冷暖房器具、家具…買い足したくないですよね?
物件に付いているか内覧時にしっかりチェックしておきましょう。


・ベランダ
ベランダ付きで優先的に探したけど
正直…無くても困ることはない。
この冬の間、洗濯ものは完全に室内干しでした。
時々、飲み会でタバコ臭くなった衣類を干す程度。
もう少し暖かくなったら布団干しをしたいと思います。


・エリア

道外から単身赴任で来る人は、そこそこ栄えていてより空港に近い
新札幌が候補の一つにあがるかと思いますが
職場・仕事のベースが新札幌周辺とかで無い限りは
あまり便利ではないかと思います。

私の職場は札幌駅側で、同じ考えで新札幌在住の単身赴任者がいます。
だけど日々の通勤が面倒だ~と不満をこぼしていました…。
JRは本数が少ないし、地下鉄だと大通り乗り換えでやや手間。
飲み会が遅くなって終電を逃すとタクシーで5000円くらいかかります。

空港に近いとはいえJRでも30分はかかりますからね。
札幌から乗るのと大きく変わるわけではない。
個人的には札幌駅近くでなおかつ空港バス路線沿いがおすすめです。
空港への移動はJRよりバスのがやや安くてゆったり。

住んで気が付いた事

・部屋の間取りと広さ
これまではずっと1K暮らしでして
東京よりも格段に安い家賃で広い部屋に住めるということで
思い切って1LDKの部屋にしたのですが
まあ単身赴任には1Kもあれば十分ですね…。
広すぎると暖房代がかかるし中々暖まらない。
夏場に友人が泊まりにきてくれたら1LDKの価値が分かるはず。


宅配ボックス
ここは重要視してなくて、偶然にも備え付けされてる物件でしたが
今の単身赴任生活って、思っていた以上に家に居ないんですよね。
ネット通販なんかやると中々受け取りができません。
宅配業者さんも人手不足で悲鳴をあげているというじゃないですか。
再配達の負担を減らすためにもあった方が良い。
(だけど書留は在宅してないといけないんだよねー)



数ヶ月生活して思うのはこんなところですかね。
まだ夏の北海道をよく知らないので、また発見があるかも。
その時はまた情報を更新しますねー。

札幌に転勤のきまったみなさん、快適生活が送れますように!


【関連記事】