読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻は単身赴任中

新婚なのにまさかの転勤になった嫁(私)の日常をつづります。

冬支度【靴編】

こちらに引っ越してくるまでは東京より北に住んだことはありませんでしたが
東京以西(北陸など日本海側除く)は割と同じくらいの気温だと思います。

しかし、札幌はさすがに寒いですね!
夜はもう10度を下回っているので、外出するのも億劫。
地元の人にはまだまだと言われますが、既にマフラー手袋装備済み。
本当に同じ日本なのかと思ってしまいます。

この3連休は仕事のタイミングで東京に帰らないことにしたので
じっくりと新居の片付けと個人の用事を済ませていました。
引っ越しで出費がかさんでましたし、さすがに毎週は帰らなくていいかな、今はね。



冬支度は足元から

本格的に冬が来る前に、色々と必要な準備をしておきます。
まずは衣類から。

北海道住んだことないと想像つかないことが多いですが
「冬靴」なるものが必要になります。
積雪地帯では必須アイテムなんですよね。

存在については同僚からも教えてもらっていたので
「雪道(凍結状態)でも滑りにくい靴」というのは認識していました。
だけど実際に見たことないし、見分けがつくものなの?

早速近場のショッピングモールに探しに行ってみました。
するとあるある、普通に売ってるんですね!

厚底で、底がスパイクのようにギザギザしています。
モノによっては内側が起毛素材になっていて暖かそう。
ブーツにするか、紐靴にするか、パンプス型にするか。悩むな。

その場でコーディネート例を検索してみたんだけど
参考になるのがありませんでした。

フォーマル系とカジュアル系あればと思ったけど
2足も買うのはもったいない気もします。
仕事もたまに作業着だし、フォーマル系だけでもなあ。
うーん、悩みます。


とりあえず1足

結局買ったのがこちら。

f:id:tsumatan:20161010232526j:plain
足元がすっぽりおさまる合皮の靴にしました。
カジュアル系は様子見で必要そうだったら買います。


靴底はこんな感じ。

f:id:tsumatan:20161010232734j:plain
靴底のゴムがトゲトゲしていて
雪でもしっかりグリップが効きそうです。
履いてみると内側が生地がしっかりしてて暖かい。
底も厚いのに、足の動きにフィットするやわらかさ。
これ良いね!


事前にちょっと調べておいたのですが、
こちらはノースデートと言って、北海道に特化したブランドのようです。
↓メーカーさんのHP

さすが北海道ならではの製品が靴でもあるんですね。


積雪は嫌ですが、この靴の実力を試してみたいところ。
まだ今月中はこれまでのパンプスで大丈夫そうなので
しばらく靴箱で出番待ちです。


本音は…これ以上寒くならないで!!